ここから本文です

【MLB】2勝目の前田健太、痛烈打球阻む美技に称賛の声「凄いものを見ました」

4/29(土) 14:40配信

Full-Count

7回2失点で2勝目を挙げたマエケン

 28日(日本時間29日)のフィリーズ戦で2勝目(2敗)を挙げたドジャース・前田健太投手。7回5安打8奪三振2失点の好投とともに華麗な守備にも称賛の声が上がっている。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 7回、先頭のアルテールが2球目を捉え、センター方向に痛烈な打球が飛んだ。前田はこれに反応。伸ばした左手のグラブに打球が吸い込まれ、ヒットを阻んだ。この華麗なキャッチにドジャースタジアムの観衆も大いに湧いた。

 試合を中継した地元テレビ局「スポーツネットLA」の実況も「凄いものを見ました! ワンアウト」と絶叫。この日解説を務めたメジャー通算204勝でサイ・ヤング賞投手のオーレル・ハーシュハイザー氏も「いいボールを投げ、バットをへし折り、そして、キャッチ。全て自分一人でやり遂げました」と賛辞を贈った。

 実況は日本人右腕の運動能力の高さについて「前田はアスリートとしても優秀です。日本でゴールドグラブ賞に輝いています」とも紹介した。ドジャースは前田が降板後もリードを守り、5-3で勝利。今季不安定な内容が続いていた右腕は先発ローテ落ちの危機で好パフォーマンスを見せた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/29(土) 16:22
Full-Count

スポーツナビ 野球情報