ここから本文です

ディバラは“デル・ピエロ風”!? 「まだまだ劣ってるよ」

4/29(土) 15:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「彼は偉大な成功例」

イタリアのユヴェントスでプレイするアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、偉大な先輩との比較について言及している。

2015年夏にパレルモからイタリア王者へと加わったディバラは、1年目からその高いゴールセンスとボールスキルで存在感を発揮すると、今や技巧派ストライカーとしてセリエA屈指のタレントとして君臨。多くのサポーターはこの小柄なテクニシャンをかつての英雄アレッサンドロ・デル・ピエロと比較し、その将来を嘱望しているものの、ディバラ本人はあくまで謙遜な姿勢を崩さない。伊『sky』がアルゼンチン人FWの言葉を伝えている。

「デル・ピエロという人間はひとりの偉大な成功例さ。僕はサッカー以外の面においても彼から多くを学ぶ必要がある。前に彼と面と向かっめ話す機会があったけど、最高に素晴らしいヒトだったよ。僕と彼を比べるなんて恐れ多いね。だってデル・ピエロはもっと大量の得点を決めた選手だし、僕はまだまだ彼に劣ってるんだ」

また、“21番のエース”は背番号についても語っている。

「21という背番号はとても気に入ってるし、好きだよ。彼の10番を背負うことには重圧を感じるし、僕からクラブに10番を懇願するようなことはしない。もちろんその番号を与えられたら真剣に話し合うことになるけどね。僕はいつかユヴェントスにおけるアイコンになってみたいんだ」

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合