ここから本文です

【MLB】前田健太、起死回生の快投で先発ローテ残留? 指揮官「検討しなければ」

4/29(土) 16:18配信

Full-Count

ローテ降格危機で快投2勝目、「打者を力で圧倒する…それはケンタではない」

 ドジャースの前田健太投手は28日(日本時間29日)、本拠地でのフィリーズ戦で7回101球を投げて4安打2失点7奪三振と好投し、今季2勝目(2敗)を挙げた。7回を投げきったのは、昨年7月10日のパドレス戦(7回1失点)以来。100球以上を投げたのも、昨年9月5日のダイヤモンドバックス戦(102球)以来となった。今季初のクオリティー・スタート(6回以上を投げて自責3以内)、昨年7月10日以来のハイ・クオリティー・スタート(7回以上を投げて自責2以内)も達成。ドジャースは救援陣もリードを守り、5-3で勝利した。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 前田は開幕から4試合で防御率8.05と不調。地元メディアでは先発ローテ落ちの可能性も報じられていた。しかし、通常の中4日ではなく、中5日で与えられたマウンドで好投。地元紙「オレンジ・カウンティー・レジスター」は、デイブ・ロバーツ監督が今後の先発ローテーションの構成について「検討する」と明かしたことを報じている。

 この日は3回に2点を先制されたものの、その後は走者を出しても得点を許さない。3点リードの7回には、先頭アルテールのライナーには抜群の反応。投直に仕留める好プレーで自らを助けた。2死からラップに二塁打を浴びたものの、最後はケリーを高めへの直球で空振り三振に仕留め、声を上げて感情を露わにした。

 この日は101球を投げてストライクは65球。防御率は8.05から6.58まで改善した。「オレンジ・カウンティー・レジスター」によると、前田は通訳を介して「自信をとても深めることになります。本当に良い日でした」と振り返ったという。ロバーツ監督が「シーズン当初は譲らないものがあったが、彼にとってなにがベストなのかということは明確だ。打者を力で圧倒する…それはケンタではない」と、前田は直球で押す投球ではなく、キレや制球力で勝負するべきだと話したことも紹介している。

「ロバーツはマエダをローテーションに組み込むために思案する必要がある」

 また、同紙は「今日の登板によりロバーツはマエダをローテーションに組み込むために思案する必要がある」と指摘。この日の好投が先発ローテ残留への最低条件だったと言及し、指揮官がこれから頭を悩ませる事になるとしている。現在、メジャーでは各球団“5人枠“の先発ローテにカーショー、マッカーシー、柳賢振、ウッド、そして27日(同28日)のジャイアンツ戦で6回途中4安打1失点と結果を残した若手左腕ウリアスも入っていることに言及した上で、ロバーツ監督が以下のように話したと伝えている。

「その点は検討しなければならない。調子のよくない投手が過多の状態になってしまっている」

 前田はこの投球をきっかけに、このまま先発ローテーションを守ることが出来るのか。まだまだ踏ん張りが必要となりそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/29(土) 16:18
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/20(金) 20:15

Yahoo!ニュースからのお知らせ