ここから本文です

【F3ヨーロッパ】モンツァ・レース1決勝:カーリン勢が1-2-3。牧野任祐12位、佐藤万璃音は13位

4/29(土) 20:25配信

motorsport.com 日本版

 F3ヨーロッパ選手権第2ラウンド”モンツァ”のレース1決勝が行われ、カーリンのランド・ロリスが優勝を果たした。2位はポールシッターのジェハン・ダルバラ、3位にはフェルナンド・ハブスブルグが入り、レース1予選に引き続き、カーリン勢がトップ3を占めた。ハイテックGPの牧野任祐は12位、モトパークの佐藤万璃音は13位で終えた。

 レース序盤ではロリスが出遅れて、カーリンのジェイク・デニスとハブスブルグに先行を許してしまったため、ダルバラがレースをリードした。その後、ロリスはハブスブルグをオーバーテイクし、レースペースをあげた。その後、ロリスはデニスとダルバラを交わして首位に浮上した。

 レース終盤、ダルバラはロリスに接近したが、オーバーテイクすることは叶わなかった。結局ロリスがトップチェッカーを受けた。4位はモトパークのジョエル・エリクソン、5位はプレマの周冠宇がつけた。

 デニスはターン1でマキシミリアン・ギュンター(プレマ)に追突されたため、ピットインし、結局リタイアとなった。

 明日(4月30日)は、F3ヨーロッパ選手権第2ラウンド”モンツァ”のレース2の予選と決勝が行われる。

David Gruz

Yahoo!ニュースからのお知らせ