ここから本文です

ロッテ”チーム五木”の活躍で連敗ストップ 二木が初勝利、三木は貴重な2ラン

4/29(土) 17:08配信

ベースボールキング

● 西武 3 - 6 ロッテ ○
<5回戦 メットライフ>

 ロッテが連敗を「2」でストップ。打線が効率よく得点を重ね、投げては先発の二木が8回途中3失点の好投で、うれしい今季初白星を手にした。

 ロッテは初回、西武先発・野上を攻め二死満塁の好機を作ると、この試合「6番・指名打者」で先発出場した福浦が、走者一掃となる適時二塁打を放ち一気に3点を先制した。3回には、4番鈴木が3号ソロを放ち4点目。4-3で迎えた9回は、9番三木がプロ入り2本塁打目となる今季1号2ランを左翼ポール際へ運び、終盤に貴重な2点を追加した。

 投げては4年目右腕・二木が、立ち上がりから丁寧な投球を披露。3回には三塁・大嶺翔、左翼・伊志嶺が立て続けに好守を見せ、バックも若き右腕を盛り立てた。

 二木は無失点のまま迎えた8回、二死一、三塁から、3番浅村に適時打を許し降板。あとを受けた2番手・内が、二死満塁から5番メヒアに2点適時打を許したが、二塁を狙ったメヒアの走塁ミスにも助けられ、西武の反撃を3点で食い止めた。

 3点リードの9回は益田が締め、23日のオリックス戦以来となる6セーブ目。ロッテは今季初勝利を挙げた二木と、今季初本塁打の三木。ともに2014年入団の“チーム五木”の活躍で、1週間ぶりの白星をマークした。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報