ここから本文です

WRCアルゼンチン:屈指のタフラリーにトラブル続出。DMACKユーザーのエバンス暫定首位

4/29(土) 10:16配信

オートスポーツweb

 WRC世界ラリー選手権第5戦アルゼンティーナは4月28日、SS2~9が行われ、エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)が総合首位に浮上した。TOYOTA GAZOO Racing WRTはヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合6番手、ユホ・ハンニネンが総合9番手につけている。

【写真】横転したヘイデン・パッドンのヒュンダイi20クーペWRC

 シーズン中、もっともタフな戦いとも呼ばれるラリー・アルゼンティーナは、初日から多くのマシンがトラブルに見舞われた。

 ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)は総合3番手で挑んだSS3で岩に衝突。ステアリングアームが破損し、11分ものタイムをロスしてしまう。

 また、ソルドのチームメイト、ヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20クーペWRC)は競技スタート直後にマシンを横転させてしまう。なんとかマシンを起こして走行を再開したものの、2分30秒程度のタイムロスがあったが、総合7番手でデイ2を走りきった。

 また、総合2番手につけていたクリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)は、SS4のバンプを乗り越えた際、着地で姿勢を崩して横転。ステージは走りきったものの、マシンフロント部を大破してデイリタイアを余儀なくされた。

 そんななか、最上位クラスで唯一DMACKタイヤを使用するエバンスは好調を維持。SS5を終えた時点で、総合2番手のラトバラに対し、30.1秒ものリードを築いてみせる。

 エバンスが使用するDMACKタイヤは、ライバル勢が履くミシュランタイヤよりもわずかにコンパウンドが硬く、エバンスは午後の走行でも好調を維持。

 SS6ではステージ2位以下を8.7秒も突き放す快走ぶりをみせ、最終的に55.7秒もの大量リードを築いて、エバンスがトップでデイ2を終えた。

 午前中、総合2番手につけていたラトバラは、午後の走行開始直後に、エンジン温度が上昇して、”セーフティモード”に入ってしまうトラブルに見舞われる。

 ラトバラはチームのエンジニアと電話で連絡を取って問題を解決したものの、タイムロス。続くステージではタイヤのパンクにも見舞われ、総合6番手まで後退した。

 チームメイトのハンニネンは、午前中の走行でパワーロスのトラブルに苦しめられ出遅れたため、総合9番手と苦戦。総合8番手のロレンツォ・ベルテリ(フォード・フィエスタWRC)とは32.1秒のギャップがついている。

 現地29日のデイ3はSS10~15の6SSで争われる。

[オートスポーツweb ]