ここから本文です

歌舞伎フェスへカブッキー行灯 小松駅前に設置

4/29(土) 1:20配信

北國新聞社

 小松市の曳山(ひきやま)八基曳揃(ぞろ)え実行委員会は28日、JR小松駅前の市民公園に、市のイメージキャラクター「カブッキー」を描いた行灯(あんどん)を設置した。5月4、5日の全国子供歌舞伎フェスティバルin小松(北國新聞社特別協力)と同12~14日のお旅まつりを告知し、歌舞伎のまちをPRしている。

 「カブッキー行灯」は高さ2・7メートル、幅3・6メートル、奥行き0・9メートルで、歌舞伎十八番「勧進帳」などが上演されるフェスティバルと、曳山子供歌舞伎が見どころとなるお旅まつりの日時を記した看板が添えられた。14日まで午後6~10時に点灯する。

北國新聞社

最終更新:4/29(土) 1:20
北國新聞社