ここから本文です

ピンク色、淡く ゼンショウジキクザクラ、宝達志水

4/29(土) 1:20配信

北國新聞社

 樹齢400~500年とされる県天然記念物ゼンショウジキクザクラが28日、宝達志水町所司原の善正寺で満開となり、淡いピンク色の花が訪れた人の目を楽しませている。

 山桜系の菊咲きで、一輪の花びらは多いもので約250枚になる。高さ12メートル、幹回り4・2メートルと、菊咲き系では全国でも最大級の大木とされる。

 寺によると、今年は20日頃に咲き始め、ここ数日、好天が続いたため、満開となった。大型連休の後半まで楽しめる見通しという。

北國新聞社

最終更新:4/29(土) 1:20
北國新聞社