ここから本文です

鼻骨折でも奮闘の主将がけん引、海自厚木マーカスが自衛隊大会18度目の優勝

4/29(土) 22:58配信

ゲキサカ

[4.29 全国自衛隊大会決勝 海自厚木マーカス 2-1 空自3補 西が丘]

 第51回全国自衛隊サッカー大会は29日に最終日を迎え、味の素フィールド西が丘で行われた決勝戦は、海上自衛隊厚木基地マーカス(以下、海自厚木マーカス)が2-1の逆転で航空自衛隊第3補給処サッカー部(以下、空自3補)を下して最多記録を更新する18度目の優勝を飾った。自衛隊最強チームのプライドを持つ海自厚木マーカスの山崎裕貴監督は「この大会の優勝は、重要。今回は海自がベスト4に1チームしか残らなかったこともあり、負けられないと思っていた。勝って当たり前のように見られている部分もあるけど、簡単ではない。選手がよくやってくれたと思う」と安堵の表情を浮かべ、選手を労った。

 試合は、接戦だった。序盤、空自3補は主力FW小木曽真悟(3曹・武蔵越生高出身)が肉離れで早々に交代を強いられるアクシデントに見舞われたが、海自厚木マーカスも最終ラインで連係ミスが起こるなどリズムが悪く、苦戦。前半23分、カウンター気味に右サイドを攻め込んだ空自3補は、右MF桑本興平(2曹・鳥取中央育英高)のクロスからFW田代廣奈(士長・秀岳館高出身)がヘディングシュートをたたき込み、先制点を挙げた。

 海自厚木マーカスは、前半を1点のビハインドで折り返したが、後半に入ると同時にFW須田浩章(3曹・神奈川大出身)、MF坂倉光雄(2曹・安房高出身)のベテラン2人を同時投入して4バックから3バックに変更。後半8分、MF谷中潤希(3曹・東久留米高出身)が左へ展開すると、MF佐々木蓮(3曹・尚美大出身)がカットインで相手CBを次々にかわして同点弾を決め、反撃の狼煙を上げた。

 以降は、両ワイドを生かして攻める海自厚木マーカスがシュートチャンスを作り出し、空自3補が体を投げ出すようなブロックやプレスバックで懸命に守りながらカウンターを狙う展開となった。後半30分、海自厚木マーカスは左からのクロスに右ワイドの土田洸人(1士・流通経済大出身)が飛び込んで決定機を得たが、空自3補のGK日高智裕(士長・日南学園高出身)が好守でしのいだ。

 同点のまま試合時間が終了に近付いたが、最後の最後に海自厚木マーカスが試合を押し切った。アディショナルタイム、右サイドを駆けた土田が相手をかわすと、中央へ低いクロスを供給。ゴール前に飛び込んだ須田のシュートはブロックされたが、途中出場の池永亮介(3曹・松陰大出身)がこぼれ球を押し込み、決勝点を挙げた。

 1週間で5試合という過酷な連戦を勝ち切った海自厚木マーカスで今季から主将を任されているDF寒川大輔(3曹・習志野高出身)は、決勝ラウンド1回戦で鼻骨を骨折したが、出場を続けて優勝に貢献。「医者に、次の日からプレーして良いかと聞いたら『おすすめはしませんが……』と言われたけど、大丈夫だったので出場を続けた。前半は自分たちのサッカーをできなかったけど、勝ち切れて本当に良かった。これからも『強いマーカス』を見せ続けたい」と優勝を喜ぶとともに、王者の意地と誇りを示した。

(取材・文 平野貴也)

最終更新:4/29(土) 22:58
ゲキサカ