ここから本文です

AKM製デュアルDACなのに、5万円以下と安い「Fiio X5」などお手頃DAPに注目

アスキー 4/30(日) 12:00配信

オヤイデブースでは、お手軽価格で人気のハイレゾプレーヤー“Fiio”から「X5」の第3世代モデルが初公開。768kHz/32bitまでのPCMと5.6MHzまでのDSDに対応するプレーヤーだ。
 4月29日と30日の2日間、東京・中野サンプラザで開催中の「春のヘッドフォン祭り 2017」。注目製品のリポートをお届けする。
 
AKMデュアルDAC搭載ながらお買い得な「Fiio X5」

 オヤイデブースでは、お手軽価格で人気のハイレゾプレーヤー“Fiio”から「X5」の第3世代モデルが初公開。768kHz/32bitまでのPCMと5.6MHzまでのDSDに対応するプレイヤーだ。さらに「AKM4490」チップをデュアル搭載し、SIMトレー式のmicroSDスロットが2ポート用意されているという贅沢仕様だ。しかもパッケージに色違いのケースが2個ついてくるという。発売日は5月12日で、市場想定価格は4万9680円。カラーはブラック/シルバー/レッドで、レッドは在庫が少なめとのこと。
 
2万円台で買えるハイレゾプレーヤー
 伊藤屋国際のブースではSHANLINGのプレイヤー「M2s」などが初お目見え。M2sは従来機M2の小型版で新たにBluetoothに対応。6月下旬に発売予定で、価格は2万5000円程度を想定しているという。
 
コンビニでよく見るあのブランドも、ヘッドフォン祭に初参加
 コンビニ向けのスマホアクセサリーなどで、名前をよく見かける多摩電子工業は「fineEars」というオーディオブランドを立ち上げてヘッドフォン祭に初参加した。
 
 1万2800円のMMCXリケーブルモデル「TSH-HR1000」、そのケーブル変更版で7980円の「TSH-HR900」、3980円のエントリーモデル「TSH-HR500」、そして2480円のマイク付きモデル「TSH-MG1」というラインアップを披露した。
 
 発売時期はいずれも6月から7月を予定しているという。
 
 また、ハイブリッドモデルの「TSH-HR2000」も参考展示されていた。こちらはまだ開発中で、価格や発売日は未定。
 
英国のヘッドフォンブランド「mitchell & Johnson」
 初参加のコンチネンタルファーイーストは、4月に取り扱いが始まったヘッドフォンブランド「mitchell & Johnson」のラインアップ5製品を披露した。いずれも静電駆動形とダイナミック型のハイブリッドドライバーを搭載し、静電駆動に専用のアンプは必要ないという。価格はJP1が8万5000円、MJ2が8万円、MJ1が5万5000円、GL2が3万7600円、GL1が2万7600円。
 
訂正とお詫び:初出の際、価格情報が誤っていました。お詫びして訂正いたします。(2017年4月30日)
 
 シンタックスジャパンは、4月29日からRMEのDSD対応のDAC/ADC「ADI-2 Pro」に、インターネットジャパンの波形編集ソフト「Sound it!」最新版を無償でバンドルするとアナウンス。ADI-2 ProはDSD 11.2MHzのネイティブ録音が可能な機材だが、これまではDSDを手軽に録音・編集できるソフトがなかった。Sound It! の最新版ではDSD音源のネイティブ再生が可能なほか、768kHz/32bitのDXDに変換して編集し、DSDで書き出すことができるという。
 
 
文● 天野透/ASCII

最終更新:5/18(木) 17:19

アスキー