ここから本文です

実況者とグラビアアイドルが、『シャドウバース』ファミ通CUP優勝者に挑む!“シャドバスアカデミー出張版@ニコニコ超会議2017”リポート【超会議2017】

4/30(日) 11:41配信

ファミ通.com

文・取材:ライター 西川くん、撮影:カメラマン 堀内剛

●チャンピオンに挑むのは誰だ!?
 2017年4月29日~4月30日、千葉・幕張メッセにて開催されている、ニコニコ最大のイベント“ニコニコ超会議2017”。同イベントの“超ゲームエリア”のステージにて、デジタルトレーディングカードゲーム『シャドウバース』(以下、『シャドバ』)について、楽しく対戦しながら学ぶ公式生放送“シャドバスアカデミー”の出張生放送が行われ、熱いバトルがくり広げられた。本記事ではその熱い試合の模様をお届けしよう。

 このステージでは、MCを山口慧さん、解説を天野さとしさんが担当。対戦を披露するのは、グラビアイドルの水沢柚乃さん、ゲーム実況者のもこうさん、愛の戦士さん、はんじょうさん。さらに、『シャドバ』の公式全国大会“Shadowverse Rise of Bahamut~ファミ通CUP2017~”にて優勝した、ふぇぐ選手が特別ゲストとして出演した。

[関連記事]
2200人の頂点に立ったのは、ふぇぐ選手! 『シャドウバース』公式全国大会“Shadowverse Rise of Bahamut~ファミ通CUP2017~”詳細リポート

 バトルは水沢さん、もこうさん、愛の戦士さん、はんじょうさんが戦うトーナメント制となっており、勝ち抜いた人がふぇぐ選手に挑むことができる。なお、トーナメントのルールは1試合勝負(Bo1)なので、とにかく強力なデッキとデッキのぶつかり合いが見どころだ。

 最初の試合は、“土の秘術”を軸にテクニカルに戦うウィッチデッキを使用するもこうさんと、コストである“PP”の最大値を増やして、強力なカードをガンガンくり出すドラゴンデッキを使用する水沢さんのバトル。序盤からもこうさんのデッキには、あまり使用されないカードがデッキに入っているということが分かり、観客たちからも面白い展開が見れるのではと期待が寄せられる。対する水沢さんは、1手1手慎重にプレイしているのが表情から伝わってくるが、その困り顔がとってもキュートで、観客たちを魅了していた様子だった。

 序盤、中盤とみごとな攻めで、水沢さんの体力を残り7まで追いつめるもこうさんだったが、やはり中盤以降は“PP”最大値が増えたドラゴンが活躍する時間。盤面のすべてのカードを消し去る強力フォロワー“バハムート”を早々に展開し、もこうさんが揃えていた“土の秘術”カードを破壊し、一気に逆転。そのまま水沢さんが決勝戦へと進んだ。

 続く試合は、相手の盤面を崩しながら、強力な一撃で勝利を狙うヴァンパイアデッキを使う愛の戦士さんと、水沢さんと同じタイプのドラゴンデッキを使うはんじょうさんが戦う。序盤から愛の戦士さんがヴァンパイアの切り札であるフォロワー“メイルシュトロームサーペント”を大量出現させることに成功し、超有利な状況を作り出す。だがそこにうまく、相手のカードをすべて消し去る効果を持つスペル“ライトニングブラスト”をはんじょうさんがくり出し、勝負は拮抗した展開に。しかし最後は、はんじょうさんが隙を突いた一撃を決めて、勝者ははんじょうさんとなった。

 トーナメント決勝戦は、今度はフォロワーをつねにくり出し大量展開する戦法が得意なネクロマンサーデッキを選んだ水沢さんと、先ほどと同じドラゴンデッキを使うはんじょうさんの戦いに。序盤から中盤まで、とにかく大量のフォロワーを並べる水沢さんに、はんじょうさんもなんとか抵抗するも、そのまま水沢さんは体力を1ポイントも削られずそのまま、みごとに勝利! これで、ふぇぐ選手に挑むのは水沢さんという結果になった。

●水沢さんVS王者ふぇぐ選手の戦い!
 そしてここで、“ファミ通CUP2017”王者・ふぇぐ選手が登場。登壇した際には、5月8日頃より地上波にて放送されるふぇぐ選手を題材とした『シャドバ』の新CMも初公開された。なお、水沢さんとふぇぐ選手のバトルは、ふたつのクラスのデッキを使用した、2試合先取(Bo3)ルールで行われる。試合前には、水沢さんが「イケメンが泣いて、ぐしゃぐしゃになった顔を拝みたいです!(笑)」と、冗談交じりの強気なコメントをし、対するふぇぐ選手も「そこまで言われたら勝つしかないでしょ!」と、意気込んでいた。

 まず初戦は、水沢さんがドラゴンデッキを選択し、ふぇぐ選手は守りを終盤まで固めて絶対に破壊されないフォロワー“ヘヴンリーイージス”をくり出し勝利を狙うビショップデッキを選択。序盤はやはり守りが強固なふぇぐ選手が優勢になるも、“PP”最大値が溜まりきった水沢さんが怒涛の攻めを展開。“ヘヴンリーイージス”が出せるターンの前に、みごとに攻め切って水沢さんが初戦を制した。

 水沢さんが王手をかけた2戦目は、両者ともにネクロマンサーデッキを選択。なお、先行が強いとされているネクロマンサーだが、先行はふぇぐ選手となった。序盤から両者ともに、ジリジリと守っては攻め、守っては攻めをくり返し、勝負の行方はまだまだ分からない展開に。戦いは終盤までもつれ込むが、ふぇぐ選手がフォロワーが倒されるたびに強化されるフォロワー“シャドウリーパー”をくり出し、大幅な強化に成功。大打撃を水沢さんに与えふぇぐ選手が2戦目を制し、勝負はつぎの試合で決まることとなった。

 そして最終戦は、水沢さんのネクロマンサーデッキ、ふぇぐ選手のビショップデッキの戦いに。序盤は水沢さんがネクロマンサーの強みを生かした大量展開で、怒涛の攻めをみせる。そこにふぇぐ選手も対抗したいが、ドロー運に恵まれず、防戦一方に。なんとか水沢さんのフォロワーを処理しても、つぎからつぎへと出現するフォロワーに、ふぇぐさんも思わず苦笑い。最初から最後まで攻撃され続け、水沢さんが体力を1ポイントも減らさずに圧勝! なんと水沢さんが王者ふぇぐ選手を敗北させる展開に、会場からも大きな拍手が送られた。

●“シャドバフェス”情報に、王VS王者の試合も!
 試合全体の流れが速かったこともあり、残った時間でふぇぐ選手ともこうさんのエキシビションマッチが行われることに。“ニコニコの王”などとファンから呼ばれているもこうさんと、『シャドバ』の王者であるふぇぐ選手の試合ということもあり、会場の観客のみならず、生放送のコメントも大盛況! ふぇぐ選手は“土の秘術”軸のウィッチデッキを使用し、もこうさんはフォロワーでフォロワーを強化しながら戦うのが得意なロイヤルデッキを選択しバトル。中盤までふぇぐ選手がうまく攻めるが、もこうさんが終盤に強固な守りを固めディフェンス。勝負の行方は“ニコニコの王”に軍配が上がり、まさかのふぇぐ選手がステージ上で2敗することとなった。

 ステージの最後には、5月6日~7日に幕張メッセにて開催される、初の超大型公式イベント“シャドバフェス”の告知がされたほか、そこで販売されるグッズが生で初お披露目された。また、同イベントではふぇぐ選手と、初の全国大会“RAGE Vol.3”の覇者である、ま選手との頂上決戦が披露されるということで、ふぇぐ選手は今回負け試合しかなかったこともあり「そろそろ勝ちたいですね!(笑)」と、悔しさを見せながらもさわやかにコメント。最後は全員でお別れのご挨拶をし、ステージは終了となった。

最終更新:4/30(日) 11:41
ファミ通.com