ここから本文です

片岡大育は2年連続の最終日最終組も4位「忘れ物がある」

4/30(日) 18:18配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇中日クラウンズ 最終日(30日)◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(愛知県)6545yd(パー70)

伝統の和合「中日クラウンズ」フォトギャラリー

首位に1打差の3位から逆転を狙った片岡大育は3バーディ、2ボギーの「69」に留まり、通算11アンダーで4位タイ。プレーオフ負けした前年大会のリベンジはならなかった。

スタートの1番から2連続バーディで飛び出した片岡は、3番で左ラフからの第2打をグリーンの右に落としてボギー。その後はしぶとくパーパットを沈め続けたが、11番で第1打をフェアウェイに置きながら、ミスが相次いで2つ目のボギーを叩いた。同じ最終組をプレーした宮里優作にプレッシャーをかけられない展開。「最終的には優作さんと2打差。本当に11番のボギーが悔しい」と肩を落とした。

昨年は最終日に17番(パー3)でダブルボギーを叩いて2打のリードを失い、キム・キョンテ(韓国)にプレーオフで敗れた。今年、涙を流すことはなかったが「やっぱりここは難しい。(グリーンの)奥に行っちゃいけない、と気を使うショットが多い。1yd、2ydと打ち分けないといけない」と、課題を改めて自分に突きつける結果となった。

「昨年から“忘れ物”がある。来年も頑張りたい」。和合の借りは和合で――。その思いは一層強くなった。(愛知県東郷町/桂川洋一)