ここから本文です

家入レオ 初の日本武道館公演開催 「叶えさせてくれて本当にありがとう」

5/1(月) 0:15配信

エキサイトミュージック

今年2月15日にデビュー5周年を迎え、初のベストアルバム『5th Anniversary Best』をリリースした家入レオが、こちらも初となる日本武道館公演『5th Anniversary Live at 日本武道館』を4月30日(日)に開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

今回の日本武道館公演は2016年に開催した『家入レオ 5th LIVE Tour ~WE|ME~』のツアーファイナル、12月10日(土)東京国際フォーラム ホールAにてサプライズで発表され、2012年2月に17歳現役高校生でデビューした家入がいつか立ちたいステージとして当時から目標に掲げ、敢えて満を持し今回5周年という節目でファンとともに実現させた。

会場が暗転し、モニターにオープニングVTRが流れると、ステージ上は満点の星空に。すると、真っ白のワンピースに身を包んだ家入がスポットライトに照らされセンターステージに登場。「僕たちの未来」のサビを力強くアカペラで歌い上げ、9,000人の観客の盛大な拍手と歓声で初の日本武道館公演はスタート。

その後バンドも加わり「Shine」を続けて披露すると「5th Anniversary Live at 日本武道館へようこそ! 家入レオです! みんな盛り上がってくれてありがとうございます。今日のライブが決まった昨年の秋頃はまだまだ先と思っていたけど、本当にあっという間でした。みんなのおかげで、こうしてデビュー5周年を迎えさせてもらえて、5周年を迎えた年にデビューの頃から憧れていた日本武道館でライブをすることができて、デビュー記念日の2月15日にベストアルバム『5th Anniversary Best』をリリースさせてもらいました。今日のライブは、デビュー当時から知っている方やベストアルバムで私を知ってくれた方でも楽しめるような内容になっているので、衣装はもちろん、歌も楽しんでもらえると嬉しいです。最後までよろしく!」と挨拶し、ドラマ主題歌だった「太陽の女神」「Silly」など4曲続けて披露し、9,000人満員御礼の会場を魅了した。

次のMCでは、「歌いながらみんなとの距離が近いなって思っていたけど、ちゃんと見えてるからね。3階! 2階! 1階! アリーナ! 武道館ー!!」と会場を盛り上げ、「チョコレート」「君がくれた夏」「Message」とシングル曲を披露した後、「この曲をずっと武道館で歌いたかった。みんなの大事な人を想いながら聞いてください」と「Hello」を歌い上げた。

その後一度ステージを後にした家入は、真っ白なミニスカートに衣装替えをして再び登場。自身が13歳で初めて作詞・作曲を手掛け『5th Anniversary Best』のボーナストラックに収録されている「I promise you」をアコースティックギター弾き語りで切なくも優しく歌い上げた。この日初めて披露されたこの楽曲に会場は大きな歓声と割れんばかりの拍手に包まれた。再びVTRが流れ、印象的な心拍音が会場に響き渡ると、最近のライブでは披露していなかった「Free」「Too Many」「Bless you」などをメドレーで披露し、会場からは大歓声が巻き起こった。

続いて、黒のパンツスタイルに赤のロングチェックシャツを羽織ったスタイルに衣装チェンジした家入は、「純情」「Hello To The World」などアップテンポなナンバーを次々と披露。「Party Girl」では、観客とのコール&レスポンスで会場を一気に盛り上げ「みんなと一緒に歌いたいからもっと声出して! さらに盛り上がっていくぞー!」と叫び、観客のボルテージは最高潮に。

「こうやってみんなのおかげで武道館でライブができました。叶えさせてくれて本当にありがとう。自分のことじゃないのに今日のライブに向けて熱く意見交換をしてくれたスタッフさん、(昨年のツアーファイナルだった)国際フォーラムで武道館ライブを発表した時も笑って、泣いて、喜んでくれているファンの子たちがいてくれて、こうやって最高のライブをみんなが作ってくれて本当に幸せです! みんな大好き、ありがとう! 家入レオが始まった曲、聞いてください!」と話し、デビュー曲「サブリナ」で、家入本人も会場に集まった9,000人もこの日一番の盛り上がりを見せ、熱気に包まれたまま本編は終了した。

アンコールでは、「アンコールありがとうございます。本当に嬉しいです!」と感謝の言葉を述べ、1stアルバム『LEO』に収録されている「Linda」を新たなアレンジで披露。「これから10周年、15周年、20周年へと笑って泣いて、みんなと楽しんでいきたいと思っているので、もっともっと大きい場所にいきましょう!」と2曲目は最新楽曲となる「それぞれの明日へ」を、会場全体を見渡しながら力強く歌い上げた。

そして、バンドメンバーと共に手を振り挨拶したのち、キーボード以外のバンドメンバーを送り出し、2人だけになったステージで「この曲は私にとって、すごく大事な曲です。一人一人に届くように歌います。聞いてください」と話し、2015年に発売された3rdアルバム『20』に収録されている「Last Song」を歌唱。曲のラストもこの日の1曲目同様アカペラで歌い上げ、自身初となった日本武道館公演は大盛況のうちに幕を閉じた。

終演後には、秋のZeppツアー『5th Anniversary Live at Zepp』の開催も発表された。また、武道館公演を記念して、本日より定額聴き放題サービス(サブスクリプション)にて、『5th Anniversary Best』の配信もスタートとなった。

≪セットリスト≫
1. 僕たちの未来
2. Shine
3. 太陽の女神
4. miss you
5. 君に届け
6. Silly
7. チョコレート
8. 君がくれた夏
9. Message
10. Hello
11. I promise you
12. Free~Too many~Lady Mary~恍惚~Bless You ※メドレー
13. For you
14. a boy
15. 純情
16. Party Girl
17. Hello To The World
18. サブリナ
<ENCORE>
1. Linda
2. それぞれの明日へ
3. Last Song

≪ツアー情報≫
【5th Anniversary Live at Zepp】
2017年9月6日(水)7日(木)Zepp DiverCity Tokyo
2017年9月12日(火)13日(水)Zepp Nagoya
2017年9月20日(水)21日(木)Zepp Namba