ここから本文です

本田朋子アナ、新人時代に今田耕司に口説かれていた!?

スポーツ報知 4/30(日) 9:57配信

 元フジテレビで、現在はフリーで活動している本田朋子アナ(33)が、29日放送のテレビ朝日系「こんなところにあるあるが。土曜★あるある晩餐会」(土曜・後9時58分)に出演し、番組の司会を務めたタレント・今田耕司(51)から口説かれた過去を明かした。

【写真】いまだ独身を貫いている今田耕司

 この日の番組テーマは「どっちが幸せ」。元在京キー局と元地方局の女子アナが本音をぶつけあった。

 女子アナの恋愛事情で本田アナは、新人時代に初めて担当した番組で今田と共演。「事あるごとに、今度、本田ちゃん、ご飯行こうよってたびたび声をかけられました」と告白。今田が「連絡先とか聞いてなかったですよね」と返すと、「新人なのに大物芸能人の方に誘われるっていうのが…」。これに対し、今田は「誰が大物や」と照れていた。

 キー局の女子アナはスポーツ選手と結婚することが多いとされる。ヤクルトや西武、メジャーでも活躍した石井一久氏(43)と結婚した元フジテレビの木佐彩子アナ(45)は、スポーツ選手と出会う事情を「野球界で言いますと各局、チームに担当のディレクターがいるんですよ。そういう人が誰々選手が誰々とご飯、食べたいって言っているから。そうすると先輩なんで、面倒くさいって思いながらも一応、行ったりもしなきゃいけない」と明かした。

 地方局の女子アナも地元のスポーツ選手と交際することもあるとし、元大分朝日放送の中嶋美和子アナ(40)は大分時代に「実際、サッカー選手と付き合いました」と告白していた。

最終更新:5/18(木) 15:45

スポーツ報知