ここから本文です

“第2のガッキー”南沙良が女優デビュー!いつか新垣結衣と共演できたら

スポーツ報知 5/1(月) 5:47配信

 女の子向け人気ファッション誌「ニコラ」専属モデルの南沙良(14)が映画「幼な子われらに生まれ」(8月26日公開、三島有紀子監督)で女優デビューすることが30日、分かった。同じく「ニコラ」出身の女優・新垣結衣(28)と所属事務所が同じで、誕生日も一緒。事務所は「ニコラの頃の新垣と似ているものがある」と“第2のガッキー”に高い期待を寄せている。

【写真】新垣主演ドラマで話題となった「恋ダンス」を披露する南

 事務所公認の“第2のガッキー”が、念願の女優デビューを果たした。南は神奈川県内の公立中学に通う中学3年生。幼少から女優に憧れ、小6の2014年、叔父の勧めで「ニコラモデルオーディション」に応募。グランプリに輝くと同時に、ガッキーが所属するレプロエンタテインメントのスカウトを受け、芸能界入りした。

 「ニコラ」の専属モデルとして活動しながら、昨春、映画「幼な子われらに生まれ」で、芝居のオーディションに初挑戦。演技未経験ながら、5度の審査を勝ち抜いた。

 三島監督は「いままでお芝居をしたことがないのに、相手役の投げる芝居に動物的なするどい勘で反応し、感情を反射的に、しかも的確に返してくる。ずっと探していた“イマジネーションにあふれた知的で危険な動物”を『見つけた』と思いました」と高く評価した。

 「幼な子―」は「とんび」などで知られる直木賞作家・重松清氏の小説が原作。浅野忠信(43)演じる主人公と再婚した妻(田中麗奈)が妊娠したことをきっかけに、妻の連れ子、主人公の元妻、元妻の実子らを巡り、家族のあり方を模索するヒューマンドラマ。南は再婚した妻の12歳の連れ子を演じた。

 すでに昨年、撮影を終えた。「本当に初めてで、2時間の映画を1か月もかけて撮るのに驚きました。何をどうすればいいか全く分からなかったけど、スタッフも監督も優しくて、初めての現場で恵まれました」と笑顔で振り返った。

 小学生の時にドラマや映画「恋空」(07年公開)のDVDを見て憧れたガッキーとは、同じ6月11日生まれ。ガッキーも01年にニコラモデルオーディションのグランプリを獲得したことを応募後に知るなど、不思議な縁がある。所属事務所も「たたずまいや雰囲気など、ニコラの頃の新垣と似ているものがある」と話している。まだガッキーとの対面は実現していないが「いつか共演できたらうれしい。姉妹役? いや~、やばい。もちろん受けます、喜んで」。大先輩の背中を追いかけていく。


 ◆南 沙良(みなみ さら)
 ▼誕生日 2002年6月11日(14歳)
 ▼生まれ 神奈川県
 ▼学校 県内の公立中学に通う中学3年生
 ▼家族 父、母、兄
 ▼身長 159センチ
 ▼血液型 A
 ▼得意科目 体育、国語
 ▼好きな俳優 菅田将暉
 ▼好きなタイプ 「冷静な人」
 ▼癒やされたい時は 大仏(仏像)観賞。「かわいいというか癒やされます。鎌倉より奈良派。この前行った三十三間堂もすごい興奮しました」
 ▼アニメ、漫画大好き 「小6の時に『黒子のバスケ』を見てハマって。好きなのはクズの本懐、政宗くんのリベンジ、ソードアート・オンラインとか。好きな声優は神谷浩史さん。漫画は月に10冊ぐらい買います」

最終更新:5/1(月) 8:44

スポーツ報知