ここから本文です

高山善廣にリング上で唇を奪われた船木誠勝が「女の人の気持ちがわかりました」

バトル・ニュース 4/30(日) 8:28配信

 29日、後楽園ホールにて開催されたDDT『MAX BUMP 2017』。そのセミファイナルでは、船木誠勝&坂口征夫が持つKO-Dタッグ王座に高山善廣&男色ディーノの新生ノーフィアーが挑戦した。

 激しい打撃戦となるが、坂口がコーナーに登った所をディーノがリップロックから雪崩式ブレーンバスター。そのままディーノはコーナーで尻を突き出し、高山が坂口の顔面を尻に埋める。カットに来た船木にディーノはリップロックを狙うも、必死に堪える船木へ高山がまさかのリップロック。これを見て唖然とする坂口にもディーノがリップロックをくらわせ、意識が戻ってこない坂口を高山がエベレストジャーマンで叩きつけて3カウント。ノーフィアーが新王者組へと輝いた。

 まさかの展開に船木は「あの二人を倒すためには、俺達もホモにならなきゃいけないってこと?もうね、高山選手があんなになってるとは思わなかったからね。なんかその……『戦う』じゃなくて、『襲う』っていうそういう感じなんですよ。怖いです。恐ろしい。最後高山選手にキスされて、やっぱ自分より大きい人にそうやられるとどうにもならない。女の人の気持ちがわかりましたよ。なんか、あの、ヤられてしまう……。わかりますか?ヤられてしまう……。あんな大きい人から迫られたら断れないですよ。襲われるしか無い。ヤられるしかない……もう、笑いが止まらないと言うね。こんな体験初めてです……」と怯えた表情を見せコメント。

 高山は何事もなかったかのように平然と5月21日の札幌大会で決定した防衛戦に照準を合わせた。

最終更新:4/30(日) 8:28

バトル・ニュース