ここから本文です

簡単テクで劇的チェンジ! ケーキ作りの裏ワザを伝授

4/30(日) 8:10配信

ELLE ONLINE

目からウロコのアイデアがいっぱい!

普段からケーキを作り慣れていても、当たり前と思っていることを少し変えてみたら、より一層おいしく作ることができることもある。風味がアップする上に、カロリーが抑えられるコツもあり! さっそくチェックしてみて。

オーブンの予熱はいらない!?

どんなケーキのレシピでもオーブンの予熱は欠かせない。でも、歴史紹介型のケーキブック『アメリカンケーキ』によると、20世紀に入った頃に、必要になるまでオーブンに点火しなくてよくて、ガス代も節約できる「コールド・オーブン・パウンドケーキ」が流行したとか。そして、パウンドケーキは平らに焼けばいい、とも。上部が「イイ感じにサクッと仕上がる」と、料理の歴史家であるグロリア・スマイリーさんは著書のアンネ・バイルンさんに本の中で語っている。最大のコツは、ケーキを焼いている途中で温度を上げること。約150℃で焼き始めたら、45分後に約165℃まで上げてみて。

ギリシャ風アレンジがいいみたい

濃厚なチョコレートケーキには、バターや油の代わりにギリシャヨーグルトを使ってみよう。サワークリームでも良いが、含まれるタンパク質が5分の1に減ってしまう。味の違いはないけれど、ギリシャヨーグルトの方が腹持ちがいいはずだ。

炭酸ドリンクで、ケーキ作りの腕前がアップ!

ケーキミックスの粉とダイエットソーダ、という二つの材料だけで作ることができる、昔からある裏技を知ってる? これで、まぎれもなく軽くてふわふわのケーキが完成する。チョコレートケーキとダイエットコーラは驚くほどに合うけれど、一番おいしいのは、スパイスケーキミックスの粉とクリームソーダ(ダイエットタイプでも普通のものでも可)を混ぜること。シナモンロールみたいな味に仕上がる。

ザワークラウトでケーキがおいしくなる!?

発酵させたキャベツをケーキに入れるなんて思いつきもしないのでは? でも驚くことにチョコレートケーキをしっとりさせる助っ人に! 『アメリカンケーキ』の本によると、ペンシルバニア州に住むオランダ移民が実証済みの裏技だそうだ。トライするときは、ザワークラウトを水で洗って水気をしっかりと取り除き、細かく切っておくこと。そうすれば、ケーキに強い匂いがつかないし、粘り気が出ることもない。

1/2ページ

最終更新:4/30(日) 8:10
ELLE ONLINE