ここから本文です

長友佑都&平愛梨のホームパーティーのメンツが豪華すぎる

4/30(日) 11:00配信

TOKYO FM+

鈴木おさむがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組、4月28日(金)の生放送では、鈴木に代わりゲストパーソナリティとしてビビる大木さんが登場。ゲストにお笑いタレントの三瓶さんを迎え、ともにメンバーであるキャイ~ン天野さんの「天野会」のこと、さらには大親友・平愛梨さんとの近況などを語ってくれました。

大木「三瓶とはキャイ~ンの天野さんが主催する『天野会』メンバーなんだけど、岡部さん(※アシスタントパーソナリティ)って『天野会』知ってる?」

岡部「今日まで知らなかったです」

大木「業界じゃ有名な会なんだから。芸能界イチ最弱のメンバーと言われてる(笑)」

岡部「どんな方がメンバーなんですか?」

大木「天野さんを筆頭に、僕と三瓶でしょ、あとカラテカの矢部太郎とウチのワイフ(AKINAさん)と、平愛梨ちゃんとほぼ会員の井森美幸さん。天野さんちに集まってアルコール抜きで天野さんの料理やみんなが買ってきたケーキを食べてお喋りして解散っていうね」

岡部「女子会ですね(笑)」

大木「ワイフとはこの『天野会』で知り合ったのよ。あと愛梨ちゃんと長友(佑都)選手がうまくいったきっかけは、(食事会に)三瓶が行くフリをして行かないっていうフェイントをかけたからだからね。あのフェイントがなかったら付き合うこともなかったかもしれない……ぐらいのいいパスをしたのよ」

三瓶「ありがとうございます」

大木「あれは見事なスルーパスだった。それはもうハリルホジッチ監督が“三瓶のあのパスがよかった”と褒めたというね」

(一同爆笑)

大木「天野さん主催の会なんだけど、実は三瓶の許可がないとこの『天野会』には入れないという複雑な会なのよ」

三瓶「いろんな方が来られますから。天野さんのごはんをいただいているにもかかわらず、お皿を片付けないというのは良くないじゃないですか。そういうのを僕が見て、後で天野さんにこそっと言う最低なヤツなんですけどね」

大木「でも三瓶のようなチェックしてくれる人がいないと会が存続していかない。じゃないと会にとってふさわしくない雰囲気を持った人が入っちゃう。入ってからだと『辞めて』って言いにくいから、事前にチェックするのが三瓶の役割。これがなかなか重要なポジションなんだよね。……で、今なお井森美幸さんが保留中と。大先輩なんだけどね」

三瓶「いると仕事になっちゃうというか……」

大木「井森さんはバラエティの職人みたいな人だからね。『天野会』は仕事を忘れてゆる~く食事してケーキやお菓子を食べてコーヒー飲んで帰るという平和な会だから。ガツガツしちゃいけない」

岡部「確かに井森さんガツガツしているタイプですよね」

大木「岡部さん、言いましたね(笑)。井森さん意外とラジオ聴いてるから気を付けてくださいよ。三瓶、最近どうなの愛梨ちゃんとは?」

三瓶「ちょくちょく連絡くれますよ。長友選手と愛梨ちゃんの家にサッカー選手を招待してパーティーをすることがあるんですけど、僕がサッカー好きなんでいつもそのときみんなで撮った集合写真を送ってくれるんですよ」

大木「やっぱりすごい選手も来てるの?」

三瓶「インテル(セリエA・インテルナツィオナーレ・ミラノ)の知ってる選手が普通にプライベートで来てるというのがすごい」

大木「何て選手?」

三瓶「例えばサミール・ハンダノヴィッチ選手とか。長友選手がディフェンダーなんでディフェンダーの選手と仲がいいんですよ。あとロベルト・ガリアルディーニ選手とか」

大木「三瓶はイタリアにも行ったんだよね?」

三瓶「2人が付き合いはじめたころに付いて行きました」

大木「それぐらい親友なんだもんね」

岡部「へぇ~!」

大木「天野会長はまだ(イタリアに)行ってないもんね。会長を招くとなると『天野会』でいう国賓級の話だから、いろいろ整えてないといけないから大変なんだけどね。でも行きたいよね『天野会』のみんなで!」

(TOKYO FMの番組「よんぱち」2017年4月28日放送より)

最終更新:4/30(日) 11:00
TOKYO FM+