ここから本文です

ナダル 2年連続10度目Vに王手、決勝はマレー下したティエムと対戦<男子テニス>

4/30(日) 2:19配信

tennis365.net

バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル

男子テニスのバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)は29日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのR・ナダル(スペイン)は世界ランク84位のH・セバロスに6-3, 6-4のストレートで勝利し、大会10度目の優勝に王手をかけた。

【バルセロナ・オープン対戦表】

準決勝まで快勝を続けているナダルは第1セット、第4ゲームでブレークに成功してこのセットを先取すると、第2セットでは互いにサービスキープが続いたが、第9ゲームでブレークして1時間34分で勝利し、2年連続10度目の決勝進出を果たした。

世界ランク5位のナダルは同大会で9度の優勝を誇る。昨年の決勝では世界ランク7位の錦織圭と対戦し、6-4, 7-5のストレートで勝利した。前週のモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、 ATP1000)では10度目の優勝を果たし、「クレーキング」復活を予感させている。

決勝では世界ランク9位で第4シードのD・ティエム(オーストリア)と対戦する。両者は過去に3度顔を合わせており、ナダルが2勝1敗。全てクレーでの対戦である。

ティエムは、準々決勝ではラッキールーザーで出場の世界ランク91位の杉田祐一、準決勝では世界ランク1位で第1シードのA・マレー(英国)を下しての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:4/30(日) 2:19
tennis365.net