ここから本文です

香川、決定機創出もオフサイド 攻め手欠くドルトムント、ケルンの壁を崩せずスコアレス

4/30(日) 0:48配信

theWORLD(ザ・ワールド)

スタメン復帰した香川、メンバー外の大迫

現地時間29日に行われたブンデスリーガ第31節で日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、大迫勇也のケルンと対戦した。香川は公式戦3試合ぶりに先発復帰を果たしたが、ケルンの大迫は扁桃腺炎のため、メンバー外となった。

UEFAチャンピオンズリーグ本戦出場権を目指す3位ドルトムントと、UEFAヨーロッパリーグ出場権を狙う9位ケルンによる一戦。ドルトムントがボールを保持して攻め込み、ケルンがカウンター攻撃からチャンスを窺う展開となる。ドルトムントは前半、2度もゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定で得点が認められない。45分を通じて両チームともに枠内シュート0と決定機の少ない試合になった。

後半もこう着した状態がつづく。攻め手を欠くドルトムントは、ケルンの守備網を崩せないまま時間だけが過ぎ、結局スコアレスのまま90分を迎えた。ドルトムントは55パーセントのポゼッションを誇り、23本のシュートを放ちながらもケルンの完璧な守備ブロックをこじ開けることができなかった。その結果、リーグ戦での連勝は2でストップ。香川は前半、抜け出しやスルーパスから決定機を演出するもオフサイドの判定で結果に結びつかず、スタメン起用に応えることができないまま、66分ラファエル・ゲレイロに代わってピッチを退いた。

[メンバー]
ドルトムント:ビュルキ、ドゥルム、ソクラティス(→ピシュチェク 74)、ギンター、シュメルツァー、ヴァイグル、カストロ、プリシッチ、香川(→ゲレイロ 66)、ロイス(→デンベレ 66)、オバメヤン

ケルン:ホルン、スボティッチ、ハインツ、セーレンセン、ヘクター、クリュンター、ヨイッチ(→エツカン 80)、ビテンコート(→ヘーガー 71)、レーマン、ルドニェフス(→ツォーラー 55)、モデスト

[スコア]
ドルトムント 0-0 ケルン

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報