ここから本文です

ももクロ × 顔ハメ看板ニスト「顔ハメ看板の流儀とは?」

4/30(日) 17:03配信

TOKYO FM+

「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」略して“ハピクロ”。ももいろクローバーZが贈る、“教養エンターテインメント・プログラム”です。毎週、様々なジャンルのプロフェッショナルな先生たちが登場して、「○○学」と題した、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中です。
2017年4月30日(日)の放送では、「ゴールデンウィーク!顔はめ看板学」のハピクロ・アカデミーを開講しました。
先生は、顔ハメ看板ニストの塩谷朋之さん。
これまでに2950枚の顔ハメ看板で撮影をしてきた塩谷さんに、ゴールデンウィーク中に撮るべき、オススメの顔ハメ看板や、顔ハメ看板での撮影のコツなどを教えていただきました。

──”顔ハメ看板の歴史!”


清野:「顔ハメ看板」は、歴史的にどれぐらい昔からあるものなんですか?

塩谷先生:正確な歴史はわからないのですが、アメリカの画家のカシアス・クーリッジという人が1874年にパネルに絵を描いて
顔を出して写真を撮ると面白いという、顔ハメ看板の概念を特許取得されているので。
カメラの歴史とともにという感じだと思うんですけど、140年くらい前にはそういう考え方自体はあったんじゃないかと思います。

かなこ:へ~~!

清野:世界的に見て、日本は「顔ハメ看板」は多いんですか?

塩谷先生:世界で一番多いんじゃないかと思います。
旅行へ行った時に撮るっていう感覚があると思うんですけど、観光地でも何でもないところに置かれているのも多いですね。
最近、イベントで置いたりっていうのが増えています。

清野:誰に撮ってもらうんですか?

塩谷先生:僕は三脚を毎日持ち歩いているんですが、セルフタイマーで撮ることが多いですね。

かなこ:ちょっと照れとかありませんか?

塩谷先生:いま2950枚くらい撮っているんですが、そういう感覚はどんどんなくなっていきますね。

1/3ページ

最終更新:4/30(日) 18:03
TOKYO FM+