ここから本文です

【WRC】アルゼンチン3日目:Mスポーツのエバンス首位。トヨタのラトバラはトップ5圏内へ

4/30(日) 12:30配信

motorsport.com 日本版

 現地時間4月29日にWRC(世界ラリー選手権)第5戦ラリー・アルゼンチン(ラリー・アルゼンティーナ)3日目が行われ、エルフィン・エバンス(Mスポーツ)が引き続きトップタイムを記録した。トヨタのヤリ-マティ・ラトバラは総合5番手となった。

ラリー・アルゼンティーナDAY3のリザルトはこちら

 ラリー・アルゼンチンの3日目では、全6SS(SS10~SS15)の走行が行われた。

 午前のセッション(SS10~SS12)では、2日目のイベントをリードしていたMスポーツのエルフィン・エバンスが首位となっていた。しかしエバンスは、アルゼンチン最長のSSであるSS11(Los Gigante)と、SS12(Boca del Arroyo)でそれぞれスローパンクチャーを喫した。そのせいで、総合2番手のティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)とのタイム差が44秒に縮まった。

 2日目の段階で総合2番手だったプライベーターのマッズ・オストベルグは、ハンドブレーキとディフューザーのトラブルによって遅れをとり、総合3番手となった。

 総合4番手にMスポーツのオット・タナクが続き、総合5番手に僚友のセバスチャン・オジェがつけた。オジェは、SS10(Tanti)でステージ内に迷い込んだ犬をかわすために減速し、その後ステアリングにトラブルを抱えたため、苦戦を強いられた。オジェのタイムが伸び悩む中、ラトバラはオジェの14秒差で6番手につけた。

 午後のセッションでは、エバンスが依然としてイベントをリードしていたが、ヌービルはエバンスに急接近した。

 エバンスは、リヤのディフューザーがトラブルを抱えていたのが原因で、SS14(SS11のリピートステージ)の区間タイムで総合2番手のヌービルと3番手のタナクに15秒差つけられた。またエバンスは、SS15でスピンを喫したため、再びヌービルにタイム差を詰められる羽目に。結局3日目終了時に、エバンスが首位となったものの、一時は約1分もあったヌービルとのタイム差は11.5秒まで縮まった。

 オストベルグはイベント終盤でマシンを岩にヒットさせて、サスペンションを損傷させたため無念のリタイアとなった。よって総合3番手にタナクが浮上。しかしタナクはヌービルのペースについていくことができずに15秒差つけられている状況だ。総合4番手はオジェが続いた。

 トヨタ陣営は、ラトバラが順調に3日目を走破しトップ5圏内へ。ユホ・ハンニネンはいくつかの小さなトラブルに見舞われたものの総合7番手に入った。

 3日目の後、ふたりは次のようにコメントした。

ヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC#10号車)
「朝の最初のステージは朝日が目に入りとても眩しかったのですが、良いスタートとなりました。2本目のSSは去年アクシデントに遭遇したコースだったので、少し用心深く走り過ぎたかもしれません。全体的に今日のペースは悪くなかったと思いますが、少しタイムを失っているような感じがしました。それが一体何故なのかはハッキリとは分かりませんが、もしかしたらコーナーで少しアグレッシブに走り過ぎているのかもしれません。とはいえ、依然としてライバルにプレッシャーをかけ続けていますし、まだ勝負は終っていません。明日はもっとも短い1日ですが、ラリー全体の中でも特に難しいコースを走るので、気を引き締めて臨みます」
ユホ・ハンニネン(ヤリスWRC#11号車)
「クルマの信頼性は総じて高かったと思いますが、今日はハンドリングが少し神経質に感じられ、コントロールに少し苦労しました。とにかく注意して走行し、問題なく最後まで走り切ろうと心に決めていたのですが、それはうまくいき、順位を少し上げる事ができました。走行終了後、明日の最終日に向けてクルマをより良くしようとエンジニアと話しをしました。クリーンに走るという目標は明日も変わりませんが、できるだけ多くのポイントを獲得したいと思っています」

 トヨタのふたりに挟まれた総合6番手のヘイデン・パッドンは、ロールゲージの修繕に時間がかかり、SS14のスタート時刻に遅れたため、タイムペナルティを受けている。プライベーター参戦のロレンツォ・ベリテッリは、イベント終盤でパンクに見舞われたものの、2日目に引き続き総合8番手を死守した。

 2日目にリタイアを喫していたシトロエン勢は、3日目で無事にイベントに復帰。しかし、ルーキーのクレイグ・ブリーンは、オイル漏れに悩まされ下位に沈み、クリス・ミークはSS13で横転を喫したため、2日連続のリタイアとなった。

 ラリー・アルゼンチンの最終日は、全3SS(SS16~SSS18)の走行が予定されており、現地時間4月30日午前9時13分よりスタートする。

※コメントはTOYOTA GAZOO Racing NEWSより抜粋。