ここから本文です

【F1】ロシアGP決勝レポート:ベッテルの猛追及ばず、ボッタスがF1初優勝!

4/30(日) 23:05配信

motorsport.com 日本版

 4月30日(日)、F1第4戦ロシアGPの決勝がソチ・オートドロームで行われ、スタートで前に出たメルセデスのバルテリ・ボッタスが、終盤セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の猛烈な追い上げを退け、F1での初優勝を果たした。

【リザルト】F1第4戦ロシアGP決勝:暫定結果

 気温25度、路面温度40度。スッキリと晴れた素晴らしい天気の中、フロントロウにマシンを並べたフェラーリのセバスチャン・ベッテル、キミ・ライコネンを先頭に、各車がフォーメーションラップに向かった。

 スタートは、ザウバーのマーカス・エリクソンとパスカル・ウェーレイン、マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンがスーパーソフトタイヤを選択した以外は、ウルトラソフトタイヤでのスタートとなった。

アロンソ、スタートすら出来ず

 フォーメーションラップ中にマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが、エネルギー回生システムに不調を伝え、ピットレーン入り口でマシンを止めてしまった。

 これにより、スタートは中断。各車、エクストラフォーメーションラップに入り、決勝は52周に減算された。

 仕切り直しとなったスタートで、素晴らしいスタートを決めたのはメルセデスのバルテリ・ボッタス。”実質のターン1”となるターン2までに、一気にベッテル、ライコネンを交わしトップに浮上した。

 後方では、ルノーのジョリオン・パーマーとハースのロマン・グロージャンがクラッシュ。これによりセーフティカーが出動した。この間に、バンドーンとエリクソンはピットインし、スーパーソフトからウルトラソフトタイヤにスイッチした。

ボッタス、トップ快走

 レースは4周目から再開した。ボッタスは、ペースを上げてベッテルとのギャップを一気に開きにかかった。レッドブルのダニエル・リカルドは、右のリヤブレーキから白煙を上げながら、スロー走行でピットへ向かいリタイアとなった。

 6周目にDRSが使用可能になる頃には、トップ4は約2秒間隔での走行となった。8周目、ハミルトンはマシンのパワーに関して違和感を感じているようで、チームに『何かがおかしい』と無線で伝えた。

 10周目に入っても、ボッタスは最速ペース。20周目までにベッテルに対するギャップを5秒以上まで開いた。

 22周目、最初にルーティーンのピットを行ったのはウェーレイン。ウルトラソフトタイヤを装着してピットアウトした。続いてマッサ、ケビン・マグヌッセン(ハース)、ダニール・クビアト(トロロッソ)が続々とピットインしタイヤを履き替えた。

 ベッテル、ライコネンは23周目を超えるとペースアップ。ピットストップに向けてタイヤを酷使し、ベッテルは27周目までにボッタスとのギャップを2.5秒まで削った。

 27周終了時点で、先にボッタスがピットイン。2.5秒の作業でスーパーソフトタイヤを装着し、ピットアウトした。

 30周目、ライコネンがピットイン。ベッテルがウイリアムズのランス・ストロールに詰まる一方で、新品タイヤを装着したボッタスは最速のペースで周回した。

 ハミルトンはライコネンの翌周にピットインしたが、ベッテルはペース自体がボッタスよりも良いこともあり、ステイアウト。35周目までウルトラソフトタイヤでの走行を引っ張り、ボッタスの4.7秒後ろの2番手でコースに復帰した。

1/2ページ