ここから本文です

“両足使いのメトロノーム“がいれば…… OBピレス氏が語るアーセナルTOP4漏れの原因は?

4/30(日) 20:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

攻撃のリズムに乱れ

今季のアーセナルはなぜトップ4から漏れているのか。現在は6位と苦しい状況にあるが、その原因についてクラブOBのロベール・ピレス氏がコメントしている。

昔のフランス代表も凄すぎた アンリ氏が明かす”最強の点取り屋”とは

英『The Telegraph』によると、同氏はトップ4から漏れている原因について、「サンティ・カソルラがいないからね」と実にシンプルに答えている。現在カソルラは長期離脱中で、復帰は来季となることが決まっている。中盤の底からゲームを作れるカソルラの不在がアーセナルに与えた影響は大きく、ピレス氏はカソルラがいればもう少し順位は上だったはずと語っている。

「彼を失うことはこのチームに本当に大きな影響を与えるし、彼がプレイしていたら順位はもっと上になっていたと確信しているよ。彼のような選手の穴を埋めるのは難しい。技術的にね。彼はプレミアリーグでも最高の選手の1人だからね」

「最も重要なのは、彼はタフな状況でもボールをコントロールしてチームのテンポを作れることだ。彼は落ち着いていて、チームプレイを続けることができる」

カソルラの不在はメスト・エジルやアレクシス・サンチェスら攻撃の選手にも影響を与えており、中盤の底から良いボールが出てこないのは大きな問題だ。ピレス氏はカソルラのことをメトロノームと表現しているが、今季のアーセナルはどこかリズムを失ってしまったのだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合