ここから本文です

【速報】『ユーリ!!! on ICE』劇場版制作決定! 「ユーリ!!! on STAGE」イベントレポート

4/30(日) 12:00配信

RO69(アールオーロック)

アニメ『ユーリ!!! on ICE』の完全新作劇場版の制作が決定した。

これは、今月29日に舞浜アンフィシアターで開催された同アニメのスペシャルイベント「ユーリ!!! on STAGE」夜の部にて発表されたもの。なお、詳細は後日発表されるとのこと。

同イベントの夜の部は、冒頭、会場に同作のオープニングテーマであるDEAN FUJIOKAの“History Maker”が流れると、MCの促しで、出演陣が順に登場。ユーリ・プリセツキー役の内山昂輝は「豚に食わせる金メダルはねえ!」、勝生勇利役の豊永利行は「今日は、会場中に僕の愛を見せつけるから」をはじめとする各キャラのセリフとともに登壇した。その後、久保ミツロウも登場し、「今日は沢山の方が来てくださっていると思いますが、ジェットコースターのような『ユーリ!!! on STAGE』から振り落とされないように、一緒に楽しみましょう!」という挨拶とともに、イベントが開幕した。

最初のコーナー「自分を好きになって・・・ ポポーヴィッチのカラボスの部屋」では、ギオルギー・ポポーヴィッチ役の羽多野 渉がMCを担当。久保とともに、チーム分けされたキャスト陣と「それぞれのお気に入りシーン」にまつわるトークを行った。まず、「ただただ可愛いチーム」としてクリストフ・ジャコメッティ役・安元洋貴、ジ・グァンホン役・本城雄太郎、南 健次郎役・村瀬 歩、レオ・デ・ラ・イグレシア役・土岐隼一が登場、「クリスのお尻がかわいい」という理由で選抜された安元が、クリスのお尻がクローズアップされたスケーティングシーンをチョイス。久保が「クリスのスケーティングは尻を中心に考えた」と話し、安元は「尻をピカピカに磨いてきおきます」と返した。次に「唯我独尊!マイペース!チーム」としてヴィクトル・ニキフォロフ役・諏訪部順一、ピチット・チュラノン役・小野賢章、エミル・ネコラ役・日野 聡が登場し、諏訪部は「名場面だらけなので選べないから、マッカチンが出ているところ」としてヴィクトルがマッカチンにつまみ食いをしないように促すシーンを選んでいた。最後の「ギャップにドキッ!?チーム」では勝生勇利役・豊永利行、ユーリ・プリセツキー役・内山昂輝、イ・スンギル役・野島健児、西郡 豪役・福山 潤が登場、内山は「ユーリが勇利にカツ丼ピロシキをあげるシーン」選んだ。また、福山がオリジナルで創り上げた西郡のストーリーを披露し、「我が子の出産立会いに向かう西郡が、道中の様々なアクシデントをアクセル・ルッツ・ループの技で華麗にかわし、無事病院に間に合う」という西郡ファミリーの三つ子・スケオタ三姉妹の命名にまつわる物語を語り、それに久保が「記憶にないけど、描いたかもしれない・・・!」というやりとりも行われた。

続いて、「超超超超がんばらんば!カツ丼ピロシキ争奪!ワールドクエスチョン!」と題されたコーナーは、ロシア語で朗読される作中のシーンがどこのシーンなのかを当てるべくチームごとに競い合うクイズで、優勝チームには「カツ丼ピロシキ」が贈られるというもの。グループAとして羽多野・安元・福山、グループBは諏訪部・日野・村瀬、グループCは豊永・本城・小野、グループDは内山・野島・土岐と分けられた。ロシア語での朗読に一同誰もわからず、ここで、ジャン・ジャック・ルロワ(JJ)を演じる宮野真守からのヒントムービーが上映された。宮野は、ヒントキーワード「おじいさん」を教えたあと、会場にJJソングを促し、会場は大合唱となった。その後、ヒントから答えを察したキャスト陣が「おじいさん」で大喜利を始め出し、正解の出ないままタイムアップとなったが、久保の判断で優勝はCチームとなり、カツ丼ピロシキの食レポが披露された。

その後のアフレコショーでは、キャラクターごとの名シーンをそれぞれ生でアフレコ。メインビジョンには声を当てるアニメ映像、両サイドのビジョンにスケーティング映像が同時に映し出された。また、ここでもサプライズムービーとして、オタベック・アルティン役の細谷佳正、ミケーレ・クリスピーノ役の前野智昭からのムービーコメントが上映された。さらに、勇利(豊永)・ヴィクトル(諏訪部)・ユーリ(内山)のアフレコタイミングでは、ステージにスケートリンクが登場し、ユーリのFS楽曲“ピアノ協奏曲 ロ短調 アレグロ・アパッショナート”の音楽をバックにフィギュアスケーターの河西歩果がステージを舞う演出が行われた。

告知タイムを経て、久保ミツロウ×山本沙代監督監修のオリジナル朗読劇「長谷津エキシビション 温泉 on ICE ヴィクトルwith フレンズ」がスタートした。これまでアナザーストーリーを公開したことがない同作の初スピンオフドラマでは、ヴィクトルwithフレンズ(勇利、ユーリ、スンギル、エミル、ポポーヴィッチ、クリス、グァンホン、ピチット、南、レオ)が長谷津でアイスショーを行うことになり、勇利の家に泊まりにくるが、前夜祭という名の宴会で大変なことに・・・という物語が約20分かけて披露された。そして、物語に続く形で、同作のエンディングテーマである「YURI!!! on ICE feat. w.hatano」による“You Only Live Once”の生ライブが行われた。

イベントのフィナーレでは、各キャストがそれぞれファンへの感謝を語り、豊永が「語りきれないほどの想いが詰まっていて、幸せが溢れています。作品を愛してくださって本当にありがとうございます。また勝生くんに会いたいです!」と締めた。

ステージが暗転し、最後に突如上映された特報ムービーには、画面に久保ミツロウの手書きで「『ユーリ!!! on ICE』完全新作劇場版制作決定! 俺たちはたちどまれない!!!!」の文字が映し出され、イベントは終了した。

なお、同イベントは映像化が決定しており、2017年7月28日(金)にBlu-ray&DVDで発売される。

RO69(アールオーロック)