ここから本文です

バイエルンが史上初の5連覇達成!!CL、ポカールの無念晴らす圧巻6発V

4/30(日) 3:20配信

ゲキサカ

[4.29 ブンデスリーガ第31節 ボルフスブルク0-6バイエルン]

 ブンデスリーガは29日、第31節2日目を行い、首位バイエルンは敵地でボルフスブルクと対戦し、6-0で快勝した。3試合ぶりの白星で22勝7分2敗の勝ち点73に伸ばすと、3試合を残して2位ライプツィヒとの勝ち点差を「10」に広げ、ブンデスリーガ史上初となる5連覇を達成した。

 試合前の時点で2位ライプツィヒが引き分けに終わっていたため、勝てば優勝が決まることが分かっていた一戦。バイエルンは前半18分、DFダビド・アラバが左足で鮮やかな直接FKを沈め、幸先よく先制点を奪った。

 前半21分には敵陣で相手のパスミスをカットしたFWロベルト・レワンドフスキが右足を振り抜くが、GKが左手1本でセーブ。こぼれ球に詰めたFWトーマス・ミュラーのシュートもGKコーエン・カスティールスに阻まれた。それでも前半31分、MFキングスレー・コマンのスルーパスに走り込んだミュラーが左クロス。中央のレワンドフスキがワントラップから右足でゴール右隅に叩き込み、2-0とリードを広げた。

 前半終了間際の45分にもコマンが左サイドを縦に突破し、折り返しをレワンドフスキが左足でシュート。レワンドフスキはドッペルパック(1試合2得点)達成で今季通算28ゴールとし、27ゴールのFWピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)を抜いて得点ランキングトップに立った。

 3-0で折り返した後半も攻撃の手を緩めないバイエルンは後半21分、右サイドからカットインしたMFアリエン・ロッベンが左足ミドルをゴール右隅にねじ込み、4-0と突き放す。ボルフスブルクは後半33分にMFルイス・グスタボが2枚目の警告で退場。直後の35分、バイエルンは素早いリスタートからゴール前に抜け出したレワンドフスキのシュートがポストに当たった跳ね返りをミュラーが押し込んだ。

 後半40分にはMFジョシュア・キミッヒがダメ押しの6点目。圧巻のゴールラッシュで6-0と大勝し、優勝決定試合に花を添えた。UEFAチャンピオンズリーグは準々決勝でレアル・マドリー(スペイン)に敗れ、ベスト8敗退。26日に行われたDFBポカール準決勝でもドルトムントに2-3で敗れ、連覇を逃していたが、ブンデスリーガはわずか2敗で前人未踏の5連覇を成し遂げ、ドイツスーパー杯に続くタイトルを獲得した。

最終更新:4/30(日) 3:24
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合