ここから本文です

[プリンスリーグ四国]復帰組の徳島北が初勝利!香川西の千葉内定MF本田は「自分の良さが全然出なかった」

4/30(日) 7:29配信

ゲキサカ

[4.29 高円宮杯プリンスリーグ四国第4節 徳島北高 2-0 香川西高 徳島スポーツビレッジ]

 高円宮杯U-18プリンスリーグ四国は29日に第4節を開催。徳島北高(徳島)と香川西高(香川)の一戦は、後半に2点を奪った徳島北が2-0で勝利した。

 インターハイに向けて弾みのつく一勝となった。2年ぶりのプリンスリーグ四国に挑む徳島北は、開幕戦こそ明徳義塾高と接戦を繰り広げ、勝ち点1を手にしたが、第2節の愛媛U-18戦は0-2で敗戦。前節の徳島ユース戦は0-4と大敗した。初勝利を目指した今節は、「まずは先取点を取りにいこうと話していた」(佐藤城介監督)が、前半の流れは香川西。前半21分、ハーフウェーライン右からロングシュートを放つなど、「前を向いて、できるだけシュートを打とうと意識していた」というFW高木慎也(3年)や、MF西村宙(3年)の仕掛けに苦しむ場面が続いた。

 ただ、「予想していたよりも、空中戦もセカンドボールも拾えていた」と佐藤監督が振り返ったように、香川西の十八番であるロングボールから2次攻撃に対しては上手く対応。奪ってから素早くMF宮崎俊哉(3年)とMF小林竜來(2年)の両翼に繋ぎ、香川西ゴールに迫ったが、スコアレスで前半を終えた。

 試合が動いたのは後半3分。左CKがゴール前に上がると、FW久米川直也(2年)がジャンプで反応。PA中央に落ちたボールを、MF扶川怜央(3年)が左足で叩き込み、徳島北が先制した。「練習していた通りにボールが来て、良い形でシュートが打てた」と扶川が振り返る一撃で勢いに乗った徳島北に対し、香川西は後半に入ってからも攻撃のギアが上がらず。

 前日に千葉入団内定が発表されたMF本田功輝(3年)を後半開始とともに投入し、1点を奪いに出たが、思い通りにボールが入らない。本田自身も「今日は自分の良さが全然出なかったので、ちょっと情けなかった。今日はちょっとヒートアップしすぎていた。自分の中で気持ちのコントロールが出来ていなかった」と反省の弁を口にしたように、気持ちが空回りし、相手に突破を拒まれる場面が続いた。

 1-0のまま試合が終わるかと思われた40分、徳島北に再びチャンスが到れた。右サイドを抜け出したMF富士智樹(2年)がゴール前にパスを配球。中央で反応したMF池田匡志(3年)が「あのシュートは素晴らしかった」と敵将である大浦恭敬監督も認めるほどの一撃を決めて、勝負あり。2-0で徳島北が今季、初白星を手にした。

 かつてG大阪でプレーした佐藤監督が就任10年目を迎えた今年は、全国切符を掴む絶好のチャンスだ。全体的なサイズ感は小さいが、個性的な選手が多数在籍。2月に行われた新人戦でも、彼らが持ち味を発揮し、初めて頂点に立った。プリンスリーグはここまで苦しんだが、中断前の一戦で念願の初勝利を達成。「リアクションではなく自分たちでポゼッションが出来る技術はもっている。全国のチャンスはあるけど、波があるのが課題。今日みたいな試合が出来れば、上位に食い込んで行けると思う」と佐藤監督が口にしたように、確かな手応えを掴んで、インターハイ予選に挑むことになった。

「今日は練習で積み重ねてきたことを全員で発揮することができた」と振り返った扶川も、「新人戦で優勝し、先生から『今年はチャンス』と言われている。状態も良いので、インターハイ、選手権で上を目指していきたい」と気合十分。来月からは、インターハイ予選で2つ目となるタイトルをどん欲に狙っていく。

(取材・文 森田将義)

最終更新:5/1(月) 14:35
ゲキサカ