ここから本文です

【J-NETWORK】再起に懸ける4選手のカードが決定

5/1(月) 12:11配信

イーファイト

 5月28日(日)東京・新宿FACEにて開催される『J-FIGHT&J-GIRLS 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~3rd』の対戦カード第一弾が発表された。

【フォト】出場が予定されている無敗女子高生・寺山日葵

 昨年9月にFOK初代ウェルター級王座に就いたJ-NETWORKスーパーライト級9位・伊東伴恭(LAILAPS東京北星ジム)が宮里康司(TARGET)と対戦する。

 伊東は2014年にプロ5戦無敗のままJ-NET新人王に輝き、ランキング入り。その後不調が続いたものの、昨年9月にはTKO勝利でFOK初代ウェルター級王者となった。対する宮里は名門・橋本道場からさらなる高みを目指し、神童・那須川天心をはじめ、強豪ぞろいのTARGETへ移籍。今回が移籍後3試合目となる。

 また、90年代のカリスマキックボクサーとして知られる立嶋篤史の愛弟子である長井正人(ASSHI-PROJECT)が参戦。元INNOVATIONランカーでタイトルマッチ経験者の宮前達也(Battle Nation金澤道場)と対戦する。

 J-NETWORK初参戦の宮前は、今年1月のREBELS興行でINNOVATIONウェルター級王座決定戦に臨んだが、僅差の判定負けで王座を逃した。対する長井も昨年12月のJ-NET興行でJ-NETWORK2016年度ウェルター級新人王に輝いた“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館)と対戦、2RKO負けを喫している。

 4選手とも前戦は黒星を喫しての再起戦。再び浮上するのは誰か。

最終更新:5/1(月) 12:11
イーファイト