ここから本文です

唐沢寿明、「若手を引き出すのが俺の役目」主役が目立つ作品はもう時代遅れ

THE PAGE 5/1(月) 17:50配信

 俳優・唐沢寿明が主演を務める人気ドラマシリーズ「THE LAST COP/ラストコップ」が『ラストコップ THE MOVIE』として劇場公開される。ドラマ最終回では、一部生放送され、そのハチャメチャさが大きな話題となったが、すさまじいパワーを持つ作品の中心となっているのが唐沢だ。窪田正孝や竹内涼真、佐々木希ら共演者をはじめ、多くの若手から「頼もしい先輩」として慕われている唐沢に、現場で心がけていることなどを聞いた。

若手を引き出すのが俺の役目

 Huluオリジナルドラマとして放送されたとき、窪田演じる望月亮太は、「草食系男子」の刑事だったが、物語が進むにつれ、そのキャラクターは変貌。ある意味ぶっ飛んだ青年に様変わりした。望月以外でも、本作に登場するキャラクターたちは、回を重ねるたびに魅力を増していく。こうした変化をもたらしているのは、唐沢の存在が大きい。

 「俺ぐらいの年齢になると、若い俳優と一緒の現場では、引き出すのが役目なんだよね。まずは緊張させずに、やりやすい環境を作ってあげること。自由な環境を作ったあとは、それぞれが何をするか、自分たちで考えればいい。そうやって個性を出していけば、作品にもいい影響が与えられるだろうしね」

 この言葉通り、現場で唐沢はムードメーカーになり、活気ある雰囲気を演出する。その結果、窪田演じる望月は、思わぬ方向にキャラ展開し、視聴者もその変化を楽しんだ。望月の同期・若山を演じた竹内にも「あいつは完全に化けたよね」と唐沢は楽しそうに話す。

 「自分のことはどうでもいいんだよ。いい作品を作る方が楽しいでしょ」と語った唐沢。競争が激しく、自身が目立つことが大切だと思われる俳優の世界だが、なぜ共演者の個性を引き出すことに注力を注ぐのだろうか。

若いころはつぶしにかかってくる先輩もいた

 「俺らが若いころはすごく厳しい世界だったんだよね。正直つぶしにかかってくる先輩も少なからずいたんです……」と苦笑いを浮かべる唐沢。

 「もちろん、そういう時代だったし、そのことが良い悪いではない。でも、俺は嫌だったんだよね。こんな風には生きていきたくないって思った。自分がされて嫌な思いをしたことを人にはしたくないでしょ?」

 非常にシンプルな考えながら、「足の引っ張り合い」と唐沢が表現していた俳優の世界。なかなかできることではないと思われるが「いまは俳優をやっているけれど、その前はスタントやアクションをやっていたんです。アクションって、チームみんなで協力してやっていかないとケガとかしちゃう。チームワークが大事なの。そういう基本的なことが染みついているのかもしれないね」

 また連続テレビ小説『とと姉ちゃん』では主演の高畑充希が、より輝くように現場でいろいろと提案したという。それも「可能性がある奴らが生かされてないってすごく残念でしょ」と理由は明白だ。もちろん、そこには若手俳優に対する期待もある。

 「『頑張れよ』ってパスを出すわけです。もちろん俺と一緒に芝居をするときは、こちらも全力で臨むから、向こうだって負けないように力を尽くさなければいけなくなる。最後は自分の力で勝たないといけないわけですよ。そういうことを充希にはわかってほしかったし、乗り越えられると思ったからやったんです」

 続けて「いまの20代の俳優って才能があってすごいよね。菅田(将暉)にしても、坂口(健太郎)、竹内も柔軟性があって、壁や膜を作っていない。感覚的に役を捉えられる、才能豊かな奴が多いよね。自分が20代のときにはできなかったよ」と賞賛する。

1/2ページ

最終更新:5/8(月) 6:03

THE PAGE