ここから本文です

4万円かけジョジョの露伴先生に…コスプレ撮影会、地元も潤う「町おこし効果」 レイヤーが地方めざす理由

5/5(金) 7:00配信

withnews

 コスプレ撮影会が地方で広がっています。昔ながらの町並みや廃校を舞台に思う存分、写真を撮りまくる。醍醐味を実感するため、岡山・矢掛町で開かれた撮影会に挑戦。そこで見たのは…コスプレネームで呼び合う一体感と「画像加工」を駆使した「若返り」。そして地元の人と交流から見える「町おこし」の可能性でした。(朝日新聞岡山総局・小川奈々記者)

【画像】美し過ぎる「コスプレイヤー」 男装・艦これ・初音ミク…

篤姫も宿泊した宿場町

 4月半ば、岡山県の旧山陽道に位置する矢掛町にコスプレイヤーたちが続々と集まってきました。その数、約60人。白壁造りの建物に瓦屋根のコントラストが美しい、風情のある町です。

 江戸時代には宿場町として栄え、江戸幕府に嫁ぐ際に篤姫が宿泊したという本陣(国指定重要文化財)もあります。

 今回の撮影会は、本物の和風建築や廃校が舞台。歩くだけで雰囲気のある街……。これは燃えます。

 参加するにあたり、自分に課した条件は三つ。

 一つ目は、見た目にこだわること。
 二つ目は恥ずかしがらないこと。
 三つ目は、心からキャラクターになりきるよう努力することです。

目指すはジョジョの世界観

 まずは、キャラクター決め。私が選んだのは、「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する漫画家・岸辺露伴。どんな場所にも自ら取材に赴き、作品に絶対的な自信を持つ彼のキャラクター性は、記者の私にとって永遠の憧れです。

 しかし、ジョジョは独特の色づかいや、ギリシャ彫刻のような造形の登場人物が人気の作品。「にわかレイヤー」には、ハードルが高そうですが、気合を入れて挑みました。

 ウィッグと衣装はインターネット上で購入し、メイクは現役のコスプレイヤーの友人らから聞いて学びました。

 男装のため、さらしを巻いたり、肩幅を出すため切った紙コップを肩に貼り付けたり。普段、化粧をしない分、下地やファンデーションの代金が必要以上にかさんだのが悔やまれますが、尊敬する露伴先生のためなら仕方ありません。

 衣装代はしめて4万円くらいでした。

1/3ページ

最終更新:5/5(金) 9:52
withnews