ここから本文です

60周年を迎えたSTAX RECORDSの名盤の一挙再発が決定

5/1(月) 17:39配信

CDジャーナル

 1957年にメンフィスで生まれ、オーティス・レディング、ブッカーT.&ザMG's、サム&デイヴ、アイザック・ヘイズらが輩出したソウル・ミュージックの名門レーベル「STAX RECORDS」の60周年を記念し、名盤の一挙再発が決定。

 6月21日(水)にブッカーT.&ザMG's『マクレモア・アヴェニュー + 6』(UCCO-3071 1,800円 + 税)、ステイプル・シンガーズ『リスペクト・ユアセルフ + 2』(UCCO-3082 1,800円 + 税)など19タイトルのアルバム再発を皮切りに、9月には60周年を記念した3枚組コンピレーション・アルバム『STAX 60(仮)』、11月には没後50年を迎えるオーティス・レディングのアルバムの再発も予定されています。また本国ではアナログ・レコードの発売も予定。

 STAX RECORDSは、フィドル奏者でもあった銀行員、ジム・スチュワートが設立。ルーファス・トーマスとカーラ・トーマスの作品を皮切りに、1975年に倒産するまで800枚以上のシングルと約300枚のアルバムをリリースし、97のトップ10シングル、19のNo.1シングルが生まれ、8つの〈グラミー賞〉と1つの〈アカデミー賞〉を受賞しています。

最終更新:5/1(月) 17:39
CDジャーナル