ここから本文です

「ステーキで祝杯を」野村敏京、日本勢優勝数4番手に

5/1(月) 17:00配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇米国女子◇ボランティア・オブ・アメリカ テキサスLPGAシュートアウト 最終日(30日)◇ラスコリナスCC(テキサス州)◇6441yd(パー71)

【画像】キャディと優勝を喜び合う野村敏京

野村敏京がクリスティ・カーとの6ホールに及ぶプレーオフを制して、米ツアー3勝目を挙げた。日本勢の優勝回数では17勝の岡本綾子、9勝の宮里藍、4勝の小林浩美に次ぎ、4番目となった。

優勝記者会見では「ただただ楽しかった」と、長時間に及んだ戦いを振り返った。一問一答は次の通り。

――6ホールのプレーオフの間、何を考えていた
ただただ楽しいな、と思っていた

――応援に来ていたほかの選手たちとのやり取りも楽しそうに見えた。あなたにとって彼女たちの意味とは
支えてくれるのがうれしいし、だから本当に今回は勝たなきゃって思ってやり切れた

――この風の中でプレーするのは、どれくらいきつかった
こういうコンディションは好きなので、安全なショットを打つことに集中した

――プレーオフのアプローチはより攻撃的に行った、それとも安全に行った
クリスティのプレーは見ていなかった。自分の位置を確認して、クラブを決めた

――ここテキサスで、どうやってこの勝利を祝福する
プレーオフだったので、まだ勝った実感がない。ただ、テキサスにいるのでステーキを食べたい