ここから本文です

石橋 凌、約6年ぶりのオリジナル・アルバム『may Burn!』を発表

5/1(月) 17:39配信

CDジャーナル

石橋 凌、約6年ぶりのオリジナル・アルバム『may Burn!』を発表

石橋 凌、約6年ぶりのオリジナル・アルバム『may Burn!』を発表

 自身の生誕60周年を記念して「R-60 PROJECT」を行ってきた石橋 凌が、プロジェクトの集大成となるアルバム『may Burn!』を7月19日(水)に発売。完全セルフ・プロデュースで制作された約6年ぶりのオリジナル・アルバムについて石橋は「約40年間の音楽活動史上、間違い無く最高傑作!」と自信のコメントを寄せています。

 アルバムには、書き下ろし新曲(10曲)に加え、ARB時代からの人気曲「抵抗の詩」、オリジナル作品には未収録となっていた「ピカドンの詩」など全12曲を収録。藤井一彦(g / The Groovers)、渡辺圭一(b / HEATWAVE)、伊東ミキオ(dr)、梅津和時(sax)といった石橋馴染みのメンバーほか、サンコンJr.(dr / ウルフルズ)、大島賢治(dr / ザ・ハイロウズ)、沼澤 尚(dr)ら豪華ミュージシャンが参加しています。

最終更新:5/1(月) 17:39
CDジャーナル