ここから本文です

東証1部企業の18年3月期、純利益予想は20%増=4月28日時点でみずほ証集計

ロイター 5/1(月) 15:07配信

[東京 1日 ロイター] - みずほ証券が4月28日までに集計した3月期決算集計(金融除く)によると、東証1部上場企業190社の2018年3月期純利益予想の合計は前年比20.3%増となった。経常利益ベースでは67.9%の企業が増益を予想している。発表進捗率は14.6%(時価総額ベースで17.5%)。

業種別では鉄鋼、電気・ガス、精密機器、倉庫・運輸、素材の増益率が高い。海運は黒字転換の予想となっている。半面、証券・商品、医薬品、金属製品、非鉄金属、銀行などが減益予想となっている。17年3月期業績は、ここまで全体の77.9%の企業の経常利益が従来の会社予想を上振れて着地した。

最終更新:5/19(金) 16:49

ロイター