ここから本文です

【日本ハム】メンドーサ、打球直撃なんの好投6回途中1失点

スポーツ報知 5/1(月) 7:04配信

◆日本ハム1―2楽天(30日・札幌ドーム)

 日本ハムのルイス・メンドーサ投手(33)が30日の楽天戦(札幌D)に先発し、6回途中7安打1失点と好投したが、4戦未勝利となった。チームも同点で迎えた9回に守備の失策で勝ち越し点を許し、今季初の3連勝を逃した。

 痛恨の一打を浴び、メンドーサは思わず天を仰いだ。両チーム無得点で迎えた4回2死一、三塁。楽天・今江に初球のカーブを痛打され、先制二塁打を浴びた。昨季の対戦成績が16打数9安打と相性の悪い打者との対戦だっただけに、助っ人右腕は「甘くいきすぎた。もう少し慎重にいかないといけなかった」と反省した。

 この直前にはアクシデントもあった。4回。先頭打者の茂木が放った痛烈な打球がワンバウンドで右膝に直撃し、一度ベンチへ下がった。それでも「当たった時は激痛だったけど、時間がたてば大丈夫だった」と、再びマウンドへ。今江に先制打こそ浴びたが、最少失点で切り抜け、試合は作った。

 降板後は患部にアイシングを施し、次回登板に備えた。栗山監督も「膝に当たったけど、あそこまでよく頑張ってくれた」と評価。次回登板で、5試合ぶりとなる2勝目を目指す。

最終更新:5/12(金) 22:21

スポーツ報知