ここから本文です

森永卓郎、三宅裕司、土田晃之、高田文夫、松本明子、松村邦洋、望月理恵…「ラジオパークin日比谷2017」2日間の総来場者数は10万1,000人!大盛況で終了

5/1(月) 0:00配信

ニッポン放送「しゃベル」

4/29(土・祝)、4/30(日)の2日間にわたって開催したニッポン放送のリスナー感謝イベント『Smile&Green ラジオパークin日比谷2017 ~君に耳キュン!』が大盛況のうちに無事終了した。

今回で10回目となる『ラジオパーク』だが、今年も両日とも好天に恵まれ、2日間の総来場者数は10万1,000人となった。
今日4/30(日)は、芝生エリアステージでの平日ワイドの公開収録や、「三宅裕司サンデーヒットパラダイス」「土田晃之日曜のへそ」の公開生放送、また、終盤には、豪華アーティストたちのライブからグランドフィナーレイベントとなり、来場した大勢のリスナーは盛りだくさんの内容でゴールデンウィークを満喫した。

【ブサメン!?森永卓郎の爆笑経済学~イケメン税を導入せよ!】
2日目4/30(日)は、9:30から芝生エリアメインステージで、「垣花正あなたとハッピー」の公開収録が行われ、水曜レギュラーの森永卓郎が、『イケメン税を導入せよ』というテーマで経済講座を行った。男性は、イケメン、フツメン、ブサメン、キモメン、ムシケラに分類されると言い、女性を独占するイケメンに税金を課し、ブサメン以下に配分すべきという理論。リスナーによる『イケメン審査会』から、森永はブサメンと判定され、本人も『やせたらもてる、と言われていたのに、まったくもてない』と納得。
また、番組の中継コーナーでおなじみのベイビー・ブーが5曲の生歌を披露。会場に美しいアカペラハーモニーが響き渡った後、司会の垣花正から嘉門タツオの替え歌のリクエストがあり、まさかの無茶ブリにも素敵なハーモニーで替え歌にチャレンジ。会場から大喝采が起きた。

【三宅裕司、渡辺正行、小倉久寛のトークに日比谷公園に爆笑が響く】
10:30からの「三宅裕司 サンデーヒットパラダイス」の公開生放送は、三宅が『皆さん、入場無料だから来たんですよね!?』と、集まったリスナーのあまりの多さに驚いてスタート。スタート。ゲストに渡辺正行と小倉久寛が登場。三宅の『小倉はどこ?』という小柄な小倉への定番のツッコミネタと、渡辺の『みなさん、こんにちは。それではさようなら』と、いきなり引っ込もうとする定番のネタで会場は爆笑。三宅が座長をつとめる、6月の公演『熱海五郎一座』の新作でゲストに迎える藤原紀香との絡みについての話題では、小倉は『紀香さんのウェストは僕の肩ぐらいなんですよ』と不安げ。三宅から渡辺の役柄は藤原の元夫と言われると、『へ~、知りませんでした。台本読んでないんで』と、三宅の台本がちょくちょく変わるので、ギリギリまで読まないという裏話で会場を笑わせた。

1/2ページ