ここから本文です

乾も好クロスからチャンス演出 キケ・ガルシアの先制弾などでエイバルが2-0と盤石の勝利

5/1(月) 3:09配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ホームでしっかり勝ち点3獲得

乾貴士の所属するエイバルは30日、ホームでレガネスと対戦した。乾はこの試合でも左サイドで先発している。

ジェラードに待望の息子が誕生!

ここ3試合勝ちがないうえに、3試合とも無得点と嫌な流れが続いていたエイバルは序盤から積極的にボールを動かし、支配率を高めながらゲームをコントロールしていく。乾も左サイドでボールを受けると積極的に仕掛け、鋭いクロスや味方とのコンビネーションプレイから相手守備陣を翻弄。前半には惜しいクロスも何本かあり、レガネスにとって乾の右足は厄介なものになっていた。

しかし、エイバルは攻めながらもなかなか得点が奪えない。結局前半は0-0のまま折り返すこととなり、ややフラストレーションの溜まる展開に。それでも後半、まずは62分に左サイドのクロスにキケ・ガルシアが頭で合わせて先制。エイバルの無得点時間を止める貴重なゴールで先制に成功する。これでレガネスの集中力が少し途切れたか、その4分後にはエイバルのエンリヒが最終ラインの裏を取ってGKとの1対1に。エンリヒはこれを右足で冷静に流し込み、エイバルがあっさりと追加点を挙げる。

その後もエイバルはボールを支配し、攻撃的な展開で時間を潰していく。後半ロスタイムには連続で何本もクロスを上げられる危ないシーンもあったが、これにも守備陣が体を張って対応。試合はそのまま2-0で終了し、エイバルが勝ち点3を獲得した。

「メンバー]

エイバル:ロドリゲス、ラミス、フンカ、ルジュヌ、カバ、リベラ(→リビラ 60)、ダニ・ガルシア、乾、ペドロ・レオン、ゴンザレス(→エンリヒ 60)、キケ・ガルシア(→ペーニャ 82)

レガネス:エレリン、ブスティンザ、マントバーニ、インスア、ピレス(→ルシアーノ 63)、マチス(→シマノフスキー 65)、モラン、ルベン・ペレス、ゲレーロ、リコ、エル・ザル(→ブエノ 77)

「スコア]

エイバル 2-0 レガネス

[得点者]

エイバル:キケ・ガルシア(62)、エンリヒ(66)

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1