ここから本文です

「4月8日タイヤの日」全国でタイヤ点検を実施、空気圧不足での走行に注意

5/1(月) 16:02配信

オートックワン

一般社団法人日本自動車タイヤ協会は、4月6日から10日にかけて全国9ヶ所で実施したタイヤ点検等の結果をまとめた。

この記事のフォトギャラリーを見る

この点検は、2017年「4月8日タイヤの日」啓発活動の一環として、全国タイヤ商工協同組合連合会と共にユーザーにタイヤの日常点検・整備の重要性を訴求することを目的に実施された。

今回タイヤの点検を行った車両は、乗用車系が256台、貨物系が24台の合計280台となり、そのうち53台に整備不良が見つかった。

タイヤ整備不良の内容は、乗用車系・貨物系共に「空気圧不足」が一番多かった(乗用車系14.8%、貨物系29.2%)

空気圧不足は、燃費に悪影響を及ぼすばかりではなく、安全走行にも影響するため、今回空気圧が不足していた車両には、その場で空気を補充しつつ、ドライバーに対しては日常点検(空気圧管理)の励行をお願いした。

一般社団法人日本自動車タイヤ協会、全国タイヤ商工協同組合連合会の2団体ではこのタイヤ点検結果を踏まえ、正しい空気圧管理が安全走行やエコドライブの基本であることなどを、尚一層啓発していくとしている。

また、タイヤ点検を行ったドライバーにアンケートを実施し、280人より回答を得た。

「誰が空気圧点検を行っているか」については、ガソリンスタンドスタッフが127人(38.5%)と最も多く、次いでドライバー本人及び家族が76人(23.0%)、カーディーラーが69人(20.9%)、整備工場が35人(10.6%)、タイヤ販売店が15人(4.6%)となった。

「前回いつ頃空気圧点検を行ったか」という問いでは、1ヶ月前と回答したドライバーが116人(41.4%)と最も多く、次いで2~3ヶ月前が87人(31.1%)、半年前が48人(17.1%)、1年以上前・覚えていない・全くしないが21人(7.5%)、1年前が8人(2.9%)となった。

さらに、「空気圧点検の頻度」については、2~3ヶ月に1回程度が106人(37.9%)と最も多く、次いで年2回程度が75人(26.8%)、月1回以上が55人(19.6%)、年1回未満・覚えていない・全くしないが24人(8.6%)、年1回程度が20人(7.1%)となった。

最終更新:5/1(月) 16:02
オートックワン