ここから本文です

「セーブ数」より「セーブ成功率」…信頼できるクローザーは誰?

5/1(月) 8:44配信

Full-Count

セーブ数が同じでも、失敗するケースが多ければ優秀ではない

 セーブは試合の最後に出る投手が、味方のリードを保ったまま試合を完了させると付く記録だ。セーブの条件としては、勝ち試合の最後に投げ、勝利投手の権利を持たない投手であることが絶対で、次の3つの条件のいずれかに該当する必要がある。

各球団発表、2016~2017年の引退、戦力外、補強、移籍一覧

1.3点以内のリードがある場面で登板し、最低1イニング以上投げてリードを保つこと
2.アウトカウントと走者の有無に関係なく、迎える打者2人に本塁打を許したら同点または逆転される場面で登板し、リードを保つこと
3.点差に関係なく、リードしている場面で登板し、3イニング以上を投げてリードを保つこと

 こういったセーブが付く状況で投げる救援投手を、一般にクローザーや守護神と呼ぶ。

 クローザーは「セーブ数」で評価されるが、セーブ数が同じであっても、セーブが付く状況で同点に追いつかれたり逆転されるなど失敗するケースが多ければ、そのクローザーは優秀とは言えない。MLBではセーブ状況での失敗を「ブロウンセーブ=BS(セーブ失敗)」と言う。また、セーブ状況でのセーブに成功した数の比率を「セーブ成功率=S%」と言う。セーブ成功率は、一般的に8割以上欲しいところで、9割以上ならば絶対的な存在と言えるだろう。

 4月30日までのNPB各球団の主要なクローザーのBS、セーブ成功率を見ていこう。

○パ・リーグ

            S   BS    S%
松井裕樹 (楽)     10   0    100.0%
サファテ (SB)     10   0    100.0%
平野佳寿 (オ)     7   1    87.5%
益田直也 (ロ)      6   1    85.7%
増田達至 (西)      4   0    100.0%
増井浩俊 (日)     2   1    66.7%

 楽天の松井裕樹は29日の日本ハム戦でサヨナラ負けを喫したが、2-2の同点からの登板、つまりセーブ状況ではなかったので、BSはつかない。ソフトバンクのサファテとともに、ここまで優秀な成績を残している。

 ロッテの益田はチーム状況が厳しい中で、良く奮闘していると言えるだろう。開幕に出遅れた日本ハムは、そもそもリードされて終盤を迎えることが多いため、増井が登板するセーブ状況が少ない。

1/2ページ

最終更新:5/1(月) 11:21
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/22(火) 17:25