ここから本文です

アルミ圧延品、押出牽引、2年ぶり生産増 16年度204万トン

5/1(月) 12:14配信

日刊産業新聞

 日本アルミニウム協会が28日発表した2016年度のアルミ圧延品生産量は、前年同期比1%増の203万7394トンで、2年ぶりに前年実績を上回った。乗用車生産台数の回復を背景に、熱交換器などに使われる押出品の需要が改善。トラック架台向けの需要が高水準で推移したことも寄与した。住宅サッシを含む建設向けの停滞は依然続いているが、圧延品全体では前年比プラスとなった。

最終更新:5/1(月) 12:14
日刊産業新聞