ここから本文です

アーセナルに“プレミアBIG4“の魅力はなくなった OBのライト氏も「今ならトッテナムに入るだろう」

5/1(月) 18:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

トッテナムの方が魅力的か

かつてアーセナルはプレミアBIG4の一角と言われ、常にプレミアリーグの優勝候補に挙げられるクラブだった。しかし近年はそのBIG4とマンチェスター・シティやトッテナムが互角に戦えるレベルまで強くなり、アーセナルはその波に呑まれてしまっている。

OBピレス氏が語るアーセナルTOP4漏れの原因は?

30日にはライバルのトッテナムに0-2と敗れ、これで22年ぶりにトッテナムがアーセナルより上の順位でフィニッシュすることが決定した。加えてアーセナルはトップ4入りが難しい状況となっており、この1シーズンでクラブの魅力が大きく落ちてしまったように思える。

英『METRO』によるとアーセナルのOBであるイアン・ライト氏も、今現役選手ならトッテナムとアーセナルどちらに加わりたいかとの問いに対し、「正直、本当に正直言うともちろん今ならトッテナムに行くだろう」とコメントしており、今ならトッテナムの方がアーセナルより魅力的に映っているようだ。同氏は「もはやアーセナルには選手を引きつけることはできない。選手たちは他のクラブに行くだろう」と付け加えており、現状ワールドクラスの選手がアーセナルに向かうケースはイメージしにくい。

トッテナムは攻守ともに安定しており、何より見ていて楽しい攻撃的なフットボールを展開している。多くの選手がマウリシオ・ポチェッティーノの指導を受けてみたいと考えても不思議はないだろう。今回トッテナムがアーセナルより上の順位でフィニッシュしたのは22年ぶりのことだが、アーセナルも何かを変えていかなければ数年間この状況が続くことになるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報