ここから本文です

武者絵コンクール金賞に西野さん 小矢部

5/1(月) 18:38配信

北日本新聞

 6月2、3日の津沢夜高あんどん祭に向け、小矢部市津沢中学校の2年生が描いた武者絵のコンクール審査会が1日、津沢コミュニティプラザで開かれ、金賞に西野花梨(かりん)さんの作品が輝いた。入賞11点を含む全作品41点は田楽行燈(あんどん)の点燈(てんとう)式が行われる13日から、祭りメイン会場のあんどん広場に展示される。

 あんどんを彩る武者絵の伝統を継承してもらおうと津沢公民館(田中良久館長)と津沢夜高行燈保存会(沼田信良会長)が毎年行っている。生徒は1年生だった昨年11月からことし1月、地区在住の武者絵名人の森川外茂男さん、浅地政博さん、沼田義雄さんの指導を受け、手本を基に和紙に墨で描き、ろう引きの後、染料で色を付けた。

 今春転校した生徒1人を含め41人の作品を対象に、田中館長や沼田会長らが審査した。投票の多い作品はガラス窓に貼って色の映え具合を確認して入賞を決めた。西野さんの作品は「顔の表情に力がある」「髪の毛の描き方も良い」と評価された。祭り前夜祭の6月1日に表彰式を行う。北日本新聞社後援。

 ▽銀賞=小西大翔、辻心愛▽銅賞=芝井美月、正來怜、高畠快里▽佳作=竹崎愛翔、山本将典、堺美穂、林空音、森田兼子

北日本新聞社

最終更新:5/1(月) 18:45
北日本新聞