ここから本文です

パーマー「グロージャンにヒットされて0周リタイア」:ルノー F1ロシアGP日曜

5/1(月) 12:30配信

オートスポーツweb

 2017年F1ロシアGP決勝で、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは8位、ジョリオン・パーマーはリタイアだった。

F1ロシアGP決勝 ジョリオン・パーマーとロマン・グロージャンがクラッシュ

■ルノー・スポール・フォーミュラ1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 決勝=8位
 今日僕らが実行した戦略にとても満足している。最初のスティントを終えた時には、もうタイヤがあまり残っていなかったが、目指していたことは達成できた。

 スタートでトラックポジションを失ったので、周りのみんながピットインするのを待ち、スタートしたタイヤセットでできるだけ長く走ることにしたんだ。その間、ずっとプッシュし続けたけど、クルマのパフォーマンスはすごく良かった。タイヤの温度を保てた上に、路面のグリップも徐々に良くなって行ったから、どんどんペースを上げていくことができたよ。

 今日のレースペースが、これまでよりずっと満足できるものだったことは間違いない。まだやるべきことは多いとはいえ、この週末を通じて、僕らが正しい方向へ踏み出したことは明らかだ。
  
ジョリオン・パーマー 決勝=リタイア
 僕はまずまずのスタートを切って、ターン2へ向かった。アウトサイドにはザウバーがいたんだけど、ロマン(・グロージャン)が野心的なアタックを狙って、インの縁石に乗り上げながら、後方から僕のインサイドにクルマをねじ込んできた。左にザウバーがいたので僕には行き場がなかったが、ロマンはその状況には気付いていなかったようで、そのまま引かずに僕のクルマをヒットしたんだ。そうして、僕と彼は2人ともその場でレースを終えることになった。僕だけでなく、彼にとっても残念なことだ。
 
 この週末、クルーは僕のクルマのために懸命に仕事をしてくれたのに、こんな短いレースになってしまって申し訳ないと思う。いったんリセットして、気合を入れ直して、バルセロナに目を向けることにするよ。  

[オートスポーツweb ]