ここから本文です

リアム・ギャラガー、「次にデーモン・アルバーンに会った時には戦争だ」と語る

5/1(月) 17:30配信

RO69(アールオーロック)

4月28日にリリースされたゴリラズの新作『ヒューマンズ』収録の楽曲"We Got The Power"での共演が話題を呼んでいるデーモン・アルバーンとノエル・ギャラガーだが、リアム・ギャラガーはふたりの共演を情けないものとしてこきおろし、次にデーモンと会うことがあったら戦争だと脅迫めいた発言をしている。

もともとノエルとリアムの以前のバンドであるオアシスは、デーモン・アルバーンのバンドであるブラーと90年代に激しいライバル関係にあったことで知られている。しかしその後、ノエルとデーモンは過去のことを水に流してライブでの共演も果たし、さらに今回はノエルがデーモンのレコーディングに参加したことが大きな話題を呼ぶこととなった。

その後、ノエルは制作中の自分のソロ・アルバム用にもデーモンに声をかけた(が実現しなかった)ことも明らかにしている。これに関してヴァルチャー誌はノエルに対し、いまだにノエルともデーモンとも険悪な関係を続けるリアムはふたりの共演をどう思うだろうか、と質問。ノエルは次のように答えていた。

「あのさ、リアムが何についてどう思おうが、そんなの誰にとっても、どーでもいいことなんだよ」

その一方でデーモンは同じヴァルチャー誌の取材にて、"We Got The Power"でノエルとの共演が実現した経緯を説明したあと、リアムについては次のように語っていた。

「当然ながら、この曲についてリアムがどう思っているのかはまだ誰も訊いてないはずだよ。そのうちきっと、ぼくたちがどんだけあほんだらかという大ウケのツイートを投稿するんだろうけどね」

そして、リアムはゴリラズ新アルバム発売日である4月28日に次のようなツイートを投稿している。
Now that dick out of blur and the creepy 1 out of oasis need to hang there heads in shame as it's no dancing in the streets as you were LG x— Liam Gallagher (@liamgallagher) 2017年4月27日

「ブラーのあのクソボケとオアシスのキモい方のやつは今じゃ恥ずかしくてうなだれているところだろうよ。やってることは(デヴィッド・ボウイとミック・ジャガーのコラボ曲の)"Dancing in the Streets"とは大違いだしな」
That gobshite out of blur might have turned noel Gallagher into a massive girl but believe you me nxt time i see him there's gonna be war— Liam Gallagher (@liamgallagher) 2017年4月28日

「あのブラーの口先野郎はすっかりノエルを女々しくたらしこんだかもしれないけど、ひとつ言っておく。今度あの野郎に会うことがあったら戦争だからな」

RO69(アールオーロック)

Yahoo!ニュースからのお知らせ