ここから本文です

仙台MF三田啓貴、J1通算100試合出場…快勝の清水戦で達成

5/1(月) 12:47配信

SOCCER KING

 4月30日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節で、ベガルタ仙台は敵地で清水エスパルスと対戦。3-0と快勝し、勝ち点を「13」に伸ばして11位に浮上した。

 アウェイで3点差勝利を収めた一戦で、仙台のMF三田啓貴が節目の記録に到達した。同選手はフル出場を果たし、J1通算100試合出場を達成している。

 三田は1990年生まれの26歳。FC東京の下部組織出身で、明治大学を経て2013年に同クラブへ加入した。同クラブで3年間に渡ってプレーした後、昨季は仙台へ期限付き移籍で加入。明治安田生命J1リーグでは、契約により出場不可だったFC東京との2試合、そして累積警告による出場停止だった1試合を除いて、全34試合中31試合に出場。4ゴールを挙げ、仙台の中心選手として活躍を見せた。そして今季開幕前、完全移籍への移行が決定。今季も開幕9試合でフルタイム出場と、チームに欠かせない存在となっている。

 仙台は第9節を終えて4勝1分け4敗、勝ち点「13」で11位。次戦は5月3日、JリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ第4節で大宮アルディージャと敵地で対戦。そしてリーグ戦の次節は7日、FC東京をホームに迎える。

SOCCER KING

最終更新:5/1(月) 12:47
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合