ここから本文です

インテル長友が敗戦後の心境を吐露…ナポリ戦は「自分のミスで負けた」

5/1(月) 16:51配信

SOCCER KING

 インテルに所属する日本代表DF長友佑都がTwitter(@YutoNagatomo5)を更新し、30日に行われたセリエA第34節、ナポリ戦でのミスについて、思いをつづった。

 長友はスコアレスで迎えた43分、ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが左から上げたクロスボールをクリアミス。背後にいたスペイン代表FWホセ・カジェホンに先制弾を許してしまう。試合はそのまま1-0で終了し、長友のミスがゲームを決する形となってしまった。

 長友は試合後、Twitterで「自分のミスで負けた。これがサッカー。1つのミスで勝敗が決まる」と自身のプレーに悔しさを滲ませつつ、「転んだら立ち上がればいい。俺はまだまだ強くなれる」と前を向いた。

 失点につながるミスを犯したが、セリエAによれば両チーム最多7回のボール奪取を記録した長友。次戦は7日、セリエA第35節でジェノアと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:5/1(月) 18:05
SOCCER KING