ここから本文です

米子北が神戸弘陵を下して今季2勝目/高円宮杯U-18プレミアリーグWEST

5/1(月) 20:11配信

SOCCER KING

 高円宮杯U-18プレミアリーグWESTの第4節が4月29日、30日に行われ、みきぼうパークひょうご第1球技場では、神戸弘陵学園高校(兵庫)と米子北高校(鳥取)が対戦した。

 試合が動いたのは33分、米子北の馬場琢未がサイドを切り裂きゴール前へパス。中央で待っていた葉間田累が沈めて米子北が先制点を奪った。この一撃が決勝点となり、プレミア参入初年度の米子北が今季2勝目を手にしている。

 敗れた神戸弘陵の谷純一監督は「試合開始からサイドの守備が機能せず、簡単なミスで失点してしまいました。やられた感じがしたのはそこだけで、その後のチャンスを決めきれなかったことも悔まれます」と唇をかんだ。

 勝ち点3を積み上げた米子北の中村真吾監督は「今日の試合は前半に1点取れたことが、大きかったです。守備も攻撃陣がボールを奪われてからの切り替えが速く、相手に簡単に蹴らせなかったことは褒めてあげたい」とチームを称える一方で「ただ、守備陣が奪う準備ができていない場面が見られたことが課題」と次節に向けた修正点を上げている。

 セレッソ大阪U-18はアビスパ福岡U-18に2-0で勝利。開幕からの無敗を続け首位を守っている。サンフレッチェ広島F.Cユース(広島)は大津高校(熊本)に1-0で勝利。ガンバ大阪ユース(大阪)と阪南大学高校(大阪)の一戦は1-1で勝ち点1を分け合った。ヴィッセル神戸U-18(兵庫)と東福岡高校(福岡)の一戦は、雷のため延期になっている。

◆プレミアリーグWEST第4節
4月29日(土)
大津高校 0-1 サンフレッチェ広島F.Cユース
4月30日(日)
アビスパ福岡U-18 0-2 セレッソ大阪U-18
神戸弘陵学園高校 0-1 米子北高校
ガンバ大阪ユース 1-1 阪南大学高校
ヴィッセル神戸U-18 延期 東福岡高校

◆プレミアリーグWEST順位表
1位 セレッソ大阪U-18(大阪) 10pt(3勝1分0敗)
2位 ヴィッセル神戸U-18(兵庫) 9pt(3勝0分0敗)
3位 サンフレッチェ広島F.Cユース(広島) 7pt(2勝1分1敗)
4位 ガンバ大阪ユース(大阪) 7pt(2勝1分1敗)
5位 米子北高校(鳥取) 6pt(2勝0分2敗)
6位 大津高校(熊本) 5pt(1勝2分1敗)
7位 東福岡高校(福岡) 4pt(1勝1分1敗)
8位 神戸弘陵学園高校(兵庫) 2pt(0勝2分2敗)
9位 阪南大学高校(大阪) 2pt(0勝2分2敗)
10位 アビスパ福岡U-18(福岡) 0pt(0勝0分4敗)

◆プレミアリーグEAST第4節
4月30日(日)
青森山田高校 2-0 柏レイソルU-18
大宮アルディージャユース 0-3 FC東京U-18
市立船橋高校 1-1 浦和レッドダイヤモンズユース
横浜F・マリノスユース 2-2 清水エスパルスユース
鹿島アントラーズユース 0-1 京都サンガF.C. U-18

◆プレミアリーグEAST順位表
1位 清水エスパルスユース(静岡) 10pt(3勝1分0敗)
2位 青森山田高校(青森) 9pt(3勝0分1敗)
3位 FC東京U-18(東京) 9pt(3勝0分1敗)
4位 鹿島アントラーズユース(茨城) 9pt(3勝0分1敗)
5位 京都サンガF.C. U-18(京都) 6pt(2勝0分2敗)
6位 浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉) 4pt(1勝1分2敗)
7位 柏レイソルU-18(千葉) 4pt(1勝1分2敗)
8位 横浜F・マリノスユース(神奈川) 3pt(0勝3分1敗)
9位 市立船橋高校(千葉) 1pt(0勝1分3敗)
10位 大宮アルディージャユース(埼玉) 1pt(0勝1分3敗)

SOCCER KING

最終更新:5/1(月) 20:11
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合