ここから本文です

アバルトの国内累計販売台数が1万台を突破

5/1(月) 20:10配信

carview!

FCAジャパンは1日、2017年4月末までにアバルトブランドの国内累計登録台数が1万台を突破したと発表。併せて「フィアット500ファミリー(500、500C、500Xを含む)」については累計登録台数が4万台を突破したと明らかにした。

【写真をもっと見る】

アバルトブランドは、2009年2月の「アバルト グランデプント」の導入以来、5年7ヶ月で5,000台を達成し、その後、2年7ヶ月で10,000台突破と販売ペースが加速している。FCAジャパンによれば、2016年7月に開始した販売店におけるフィアットとアバルトの併売や、2016年10月に追加したオープン2シータースポーツ「アバルト124スパイダー」の導入などが販売増に貢献したとしている。なお現在のアバルトのラインアップは、「595」シリーズ、「695ビポスト」「124スパイダー」の3モデル。

またフィアット500ファミリーについても、発売後5年7か月で2万台を突破した後に、3年6か月でさらなる2万台の上乗せを実現するなど、販売ペースが加速している。この間、FCAジャパンはスモールSUV「500X」の追加(2015年10月)や「500」のマイナーチェンジ(2016年1月)を実施している。

FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長は「日本の多くのお客様にフィアットおよびアバルトの魅力をお届けできたことを嬉しく思います。アバルト10,000台、フィアット500ファミリーの40,000台達成を通過点に、これからもカーライフの感動をお届けしたい」と述べている。

株式会社カービュー

最終更新:5/1(月) 20:10
carview!