ここから本文です

【ボクシング】亀田への挑戦者・高校教師「1000万円は慈善団体に寄付したい」

5/2(火) 12:01配信

イーファイト

 インターネットテレビ放送局Abema TVが開局1周年記念番組として5月7日(日)に放映する『亀田興毅に勝ったら1000万』の調印式・記者会見が、1日(月)都内にて行われた。

【フォト】熱血教師ぶりを熱弁した高校教師

 亀田は一般公募で選ばれた4名を相手にそれぞれ3分3R、ボクシングルールで戦う。挑戦者の安全とバッティングを考慮して両者ともヘッドギアを着用。判定決着はなく、KOでのみ勝敗がつけられる。

 挑戦者として2人目に現れたのは、現役の高校教師だという松本諒太(25歳)。席に着くなり、「凄く楽しみな気持ちでいっぱいです。本人を目の前にしてすぐにでも戦いたいです」とやる気満々。

 ボクシングや格闘技の経験は一切なく、高校時代から自転車競技に勤しんできた。その体力で「全力で倒しに行く」と宣言し、「この企画のオーディションで初めてスパーリングをしましたが、応募者をKO出来ました」という。亀田との戦いのための練習は一切せず、「素人として戦いたい」と言い放った。

 挑戦してきた理由を聞かれると「今の子たちは最初から無理と決めつけて挑戦することをしないので、自分が挑戦することにしました。挑戦することの大事さを教えたい」と熱血教師ぶりを発揮。

 さらに「お金には一切興味はありません。勝っても1000万円は慈善団体に全額寄付します。自分も母子家庭で貧しい家庭で育ったので、そういう子たちに1000万円を寄付したい」と話した。

 それに対して亀田は「そういう気持ちでやるのは素晴らしいこと。挑戦することはいいことだし、そういういい人を倒すのはしのびないが全力で行きます」と、全力で迎え撃つと答えた。

最終更新:5/4(木) 22:32
イーファイト