ここから本文です

<アニメ質問状>「ゼロから始める魔法の書」 キャラクターの関係を大切に ゼロと傭兵が可愛い!

まんたんウェブ 5/4(木) 13:30配信

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、電撃文庫(KADOKAWA)のライトノベルが原作の「ゼロから始める魔法の書」です。アニメーション企画制作会社「インフィニット」の永谷敬之プロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

【写真特集】ゼロが可愛すぎる… 注目の新キャラも登場 アニメの名場面を一挙公開

 ――作品の概要と魅力は?

 世間知らずの魔女ゼロと獣堕ちと呼ばれる半人半獣の傭兵(ようへい)が、ゼロの書を探す旅を描くファンタジー作品です。魅力的なキャラクターたちが、旅の道すがら心を通わせるハートフルな部分と魔術や魔法を巡って起こる激しい争いが絶妙なバランスで描かれるのが本作の大きな魅力と考えています。さまざまなキャラクターが登場することで、人間模様の幅が広がり、作品の世界観にも広がりを感じられ、魅力が増していると思います。

 ――アニメにする時に心がけたことは?

 先にも述べた作品の魅力であるキャラクターの関係を大切にしたいと思いました。ファンタジーの世界で、魔法の表現など、映像的に「盛れる」部分は多々あるのですが、そこではなく、キャラクターの関係の部分に尺も割いて大切に作っているつもりです。

 特に、ゼロと傭兵のやり取りは非常にデリケートかと考えました。可愛い女の子と、見た目は獣だが優しい心を持つ傭兵が、いかに心を近づけていくのかは、本作に取り組む上での大きなポイントだと考えております。これは画面の中でも、その都度の距離感をシーンとしても分かりやすく入れていきたいと考えておりました。

 ――作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 この作品に限ったことではないのですが、やはり第1話の完成時に最初の喜びを感じます。準備してきたものが、ここで一つの形になる時にはプロデューサーとしてもうれしい限りです。作品作りは一期一会のことも多く、作ることによって出会えた方たちも多いので、その辺もうれしいですね。

 大変なことは、た~くさんあります。原作があってのアニメ化といっても、やはりビジュアルイメージを作っていく作業は、各セクションごとの戦いです! それぞれの個性をぶつけ合いながら、原作の世界観とギリギリのところで戦っていると思います。なかなか一話一話で判断できない部分もありますが、最終話が終わった時には、いろいろな方たちと笑いながら話ができることを祈って取り組んでいます。アニメ作りでの個々のクリエーターの戦いは、私が担当した別作品「SHIROBAKO」をぜひご覧ください(笑い)。

1/2ページ

最終更新:5/4(木) 13:30

まんたんウェブ